顧問志望者が急増中?ビジネスマンが顧問として活躍する理由 | 顧問バンク

コラム

顧問志望者が急増中?ビジネスマンが顧問として活躍する理由

近年、定年退職後も働き続けるシニア層の増加やフリーランスやダブルワークといった働き方の普及によって、ビジネスパーソンの間で「顧問」としての働き方が注目されています。また、顧問志望者はもちろん、企業と顧問をマッチングするサービスも増えたことで、企業は自社の課題解決に適した人材を探しやすくなりました。

一昔前まで顧問は「社長や会長を退任した後のポスト」と見なされてきましたが、近年では現場で専門性を追求してきた技術者から大企業の役員経験者まで、多様な知見・ノウハウを持った幅広い人材が顧問として活躍しています。本記事では企業にとってより身近になった「顧問」の仕事と、経験や知識を持つビジネスマンが「顧問」の仕事を選ぶ理由をご紹介します。

  • 企業にとって身近になった顧問の仕事とは
  • 顧問になるのはどんな経験・スキルを持つ人?
  • 企業が欲しがるビジネスマンの豊富な経験と人脈
  • 顧問が増えるほど便利になる顧問サービス

企業にとって身近になった顧問の仕事とは?

企業において「顧問」は、客観的かつ専門的な視点に基づき経営や各事業のサポートを行うポストです。企業には大小を問わず様々な経営課題や事業課題が山積しており、社内のリソースだけではそれらを解決できないケースも多くあります。そうした時、中立の視点から客観的・具体的な助言やサポートを得ることができれば解決に近づけるでしょう。顧問が主導するプロジェクトの中で、社内中核メンバーの意識やスキルが上がっていくのも顧問利用のメリットです。

顧問が受ける仕事はさまざまですが、以下のようなプロジェクトを依頼するケースがあります。会社の規模、業態、職種などによって、案件の難易度や報酬は変わってきます。

《顧問への依頼例》

事業戦略や経営に関するアドバイザリー販路開拓のサポート
アライアンス先企業の紹介社員教育制度の監修
システム改修のアドバイザリー新規事業立ち上げのアドバイザリー
広告主の開拓/td>社内人事制度改善のためのアドバイザリー
M&A支援資金調達支援

それぞれの顧問が請け負う案件は、業種や職種によってさらに細分化されます。依頼をする側の企業の「需要」と、経験や知識を持つ顧問の「供給」が合致することでビジネスパートナーとなるのです。

顧問は自身のスキルと照らし合わせ、企業に貢献できる案件を選定して引き受けることができます。つまり、顧問は時間的にも能力的にも無理のない範囲で稼働でき、企業側もリスクを最小限に抑えて効率的にビジネスを行うことが可能です。このことから、「費用対効果の高い人材」として顧問を活用する企業が増えています。

顧問になるのはどんな経験・スキルを持つ人?

従来の顧問像をイメージするとやや意外かもしれませんが、顧問として活躍しているのは会社経営や役員の経験を持つ方だけではありません。近年では特定の専門領域を持ったビジネスパーソンやフリーランス、退職後のシニア世代の方など、年齢や経歴も様々です。

「一般的なビジネスパーソンが顧問をしている」と聞くと疑問を抱く方がいるかもしれません。しかしその点が現在の顧問という働き方における大きな特徴であり、企業にとっては必要なノウハウ・知見・人脈を手早く得るための手段でもあります。例えば、事業で海外進出を目指す際には、現場責任者として海外進出の立ち上げに携わった経験がある方を、スタートアップで資金調達に不安があるときは金融機関での勤務経験がある方を顧問としてアサインすれば良いのです。

自ら顧問業で働くことを志望しているのは「若手の経営者や起業を応援したい」「経験を活かして業界に貢献したい」という意欲の高いビジネスパーソンばかりです。第一線で活躍してきた方の助言や知恵が後進にとって頼もしい支援になることは、間違いありません。

企業が欲しいのはビジネスマンの豊富な経験と人脈

経営課題を解決しながら円滑に企業活動を行うには、経験を積んできた人のリアルな経験と知見が欠かせません。ビジネスマンとして数々の経験を積んできた顧問だからこそ、小さな問題点や改善点を見つけることができ、そしてそれらを最短距離で解決することができます。「顧問=アドバイザリー」にとどまらず、事業やプロジェクトの責任者としてメンバーの指導・教育といった役割を求めることも可能です。

顧問紹介サービスなどを活用して外部から顧問を招聘(しょうへい)すると、知見やノウハウだけでなく顧問個人のコネクションも得られます。顧問を介して社外とのつながりを増やすことは企業活動に良い影響を及ぼすでしょう。

顧問は企業の経営や事業計画などに対して助言を行うこともある重要な役割であるだけに、「誰に依頼するか」が明暗を分ける大きなポイントになります。コンサルタントが仲介するものや派遣型のものなど顧問紹介サービスには様々な形がありますが、できるだけ効率的に最適な人材を見つけ、かつ短期間で顧問契約を結びたいならマッチング型の顧問紹介サービスがおすすめです。

「顧問バンク」なら顧問プロフィールが常に更新されているので最新の情報を確認でき、すべての顧問へ直接アプローチが可能。それによって初回面談の際にミスマッチが起こるリスクを減らせるので、契約までの流れがスムーズになります。「失敗したくない。でも時間に余裕はない」という場合にピッタリな選択肢と言えるでしょう。

顧問志望者が増えるほど便利になる顧問サービス

働く意欲の高いシニア世代がさらに増加し、フリーランスやダブルワークなどの多様な働き方がスタンダードとなる今後、顧問と企業をつなぐサービスはさらに発展していくと予想されています。また、近年では顧問紹介サービスの普及によって双方の利用者が増え、顧問サービスの質そのものが向上しています。例えば、以前までは顧問への報酬の50%ほどを業者が仲介手数料として受け取っていましたが、最近では顧問への待遇を重視するサービスが増加し、仲介手数料0円というサービスも登場しています。このようなサービス向上も、「知識を活かして働きたい」と考えるビジネスパーソンが顧問という働き方を選ぶことに一役買っています。

顧問サービスにおいて重要なのは、「企業のビジョンや企業が抱えている課題に適した顧問を選ぶこと」です。多くの選択肢から候補を見つけたい場合は、マッチング型の顧問紹介サービス「顧問バンク」の活用をご検討ください。様々な業種、職種の中から最適なプロフェッショナルをアサインできれば、そこから貴社の経営状況が大きく変わっていくかもしれません。

●●の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧