経営層に必須の「人脈」接点を作る方法と広げ方のコツ | 顧問バンク

コラム

経営層に必須の「人脈」接点を作る方法と広げ方のコツ

会社の経営は自分一人だけで成り立つものではありません。そこで働く従業員や顧客、取引先があって初めて成立するものです。しかし、経営者にとっては会社を経営している人同士で築く横のつながりも同じくらい重要と言えます。

今回の記事では、経営層にとって人脈がなぜ大切なのか、そして人脈を広げていくために有効な方法は何か、という点について詳しく解説します。

人脈とは

人脈は「人と人のつながり」を意味する言葉です。具体的には「組織や集団の中で発生した利害や主義による人と人のつながり」を意味します。ちなみに人脈の「脈」には「連なっているもの」「ひとつづきになっているもの」という意味のほか、「脈がある」から転じて「見込みがある」「期待できる」といった意味もあります。ビジネスシーンで人脈という言葉を使うときは「仕事に活用できる見込みがある人と人のつながり」を意味することが少なくありません。このことは「人脈は金脈である」という格言を思い出せば理解できるはずです。いずれにせよ、人脈はビジネスシーンで非常に重要なものと捉えられています。

経営者が人脈を広げるメリット

経営者のなかには企業の経営層、個人事業主など多様な人脈を構築し、人とのつながりを大切にしている人がほとんどです。人脈を広げるということは具体的にどのようなメリットがあるのか、今回は2つのポイントに絞って解説していきます。

多様な価値観や考え方を取り入れる

企業の経営者は社員とその家族の生活に対して大きな責任を負っている存在です。だからこそ、常に世の中のことを知り、自社にどのようなニーズが求められているかを意識しておく必要があります。

時代はめまぐるしく変化しており、つい数年前までは常識であったことが通用しなくなっていることも珍しくありません。人々の価値観の変化とともに、自社に対するニーズも年々変化していると考えられます。これからの時代に自社はどのような事業を展開していくべきかを知るためにも、様々な人とコミュニケーションを取り、自分の知識や価値観をアップデートしていきましょう。

万が一のときに助けてくれる存在を見つける

災害などの非常事態によって、自社の業績が急速に悪化し経営危機に陥る可能性はゼロではありません。万が一、そのような状態になったとしても、様々な業界の経営層と人脈を築いていると、意外なところから助け舟を出してくれるケースもあります。

特に最近では災害だけではなく、感染症等によっても企業の経営リスクが増大してきています。人脈があれば自社が困ったときはもちろん、知り合いの経営者が困っているときに助けの手を差し伸べることもできます。有事の際に助けを求められる存在が近くにいることが、経営者にとってはリスク管理のひとつであり、新しい挑戦への支えとなるはずです。

人脈作りの5つの手段

人脈は受け身の姿勢で待っているだけでは広がりません。特に経営者として駆け出しの頃は、自分から積極的に動くことが様々な人脈を広げていくために必要とされるでしょう。そこで、以下では人脈を広げるために有効な5つ手段を紹介します。

取引先や顧客との積極的なコミュニケーション

人脈作りの基本かつ有効な手段は、これまで接点を持ってきた顧客や取引先とのつながりを大切にすることです。例えば自社の売り上げが下降気味で業績が悪化しているときに、過去に取引した相手に対してフォローのメールや電話などのアクションを起こしてみるだけでも、近況報告などの会話から案件の受注につながることがあるかもしれません。

異業種交流会

様々な団体が主催している異業種交流に積極的に参加してみるのも良い方法です。普段の業務では絶対に知り合えないような業界の人とのつながりができ、意外な切り口からビジネスに発展していくことも考えられます。

ただ、異業種交流会は一度きりのコミュニケーションになりがちで、人脈が築きにくいこともあります。そうならないためには、テーマが決まっている連続セミナーなどに参加し、共通の話題を設けながら人脈を築いていくのも選択肢のひとつです。

セミナーの実施または参加

勉強会などのセミナーを主催してみるのも人脈を広げるうえでは有効な方法です。セミナーに参加する人はその業界や職種に興味を持っていることがほとんど。そのため、必然的に共通の話題でコミュニケーションを取りやすいものです。もし自社でセミナーを開催できるほどの余裕がない場合は、他社が主催しているセミナーに顔を出してみるのも良いでしょう。

SNSなどのオンラインコミュニティ

オンライン上でのコミュニケーション手段は多種多様です。若手経営者を中心にSNSで情報発信をするケースも増えてきています。情報を得るための手段としてはもちろんですが、オンライン上から様々な人脈を構築するのにも役立つでしょう。

直接コンタクトを取るために能動的に動く

多くの経営者が人脈作りのために、「とにかく能動的に動く」ということを実践しています。例えば「会って話をしてみたい」「新規ビジネスのためのパートナーとして迎え入れたい」など、コンタクトの目的が決まっている場合は面識がなくても積極的にアポイントを取るという人は数多くいるのです。相手からの連絡を待つのではなく、自ら能動的に動くことが何よりも重要と言えます。

人脈作りで心がけるべきポイント

能動的に動くことは重要ですが、闇雲に動くだけではビジネスに活用できる人脈を作れません。有効な人脈を作りたい方は、以下のポイントを心がけましょう。

親しくなりたい目的を明確にする

人脈作りを行う前に、人脈を作る目的を明確にします。目的が定まっていないと、どこでどのような人に出会えばよいかわからないからです。例えば、イベントに参加して名刺交換を繰り返しても、目的がなければ顔見知りが増えるだけになりかねません。これに対し、○○の専門家と知り合うために関連イベントに参加すれば、高い確率で○○の専門家と人脈を構築できます。効率よく人脈を作るため、最初に目的を考えることが重要です。

同じ考えを持った人を選ぶ

人脈はよく似た価値観の人を中心に作っていくとよいでしょう。よく似た価値観の人とは、協力関係を築きやすい傾向があるからです。お互いの強みを発揮しやすいため、効果的な人脈になり得ます。また、お互いの強みを発揮できると、ギブ&テイクの関係になりやすいといえます。双方にとってメリットのある関係は長続きしますから、よく似た価値観の人を中心に人脈を作ることが重要なのです。

数よりも質を意識する

人脈作りは数よりも質にこだわるべきといえます。数が多くても、活用できるつながりがなければ無意味だからです。ビジネスシーンでは、100人の薄いつながりよりも1人の深いつながりのほうが役に立つことが少なくありません。いざというときに活用できる人脈を築くため、質にこだわるべきと考えられます。

相手を大切にすることを意識する

ビジネスで活用できる人脈を構築したい場合、相手のことを第一に考えなければなりません。人と人のつながりは、ギブ&テイクあるいはWin-Winの関係で成り立っているからです。自身の都合だけを優先すると、人と人のつながりは多くのケースで破綻します。まずは相手のことを考えて、双方がメリットを感じられる関係を構築する必要があるといえるでしょう。

細くても長く付き合いを続ける

築き上げた人脈は、できるだけ長く続くように意識します。関係を構築したすべての人たちと同じように付き合うことはできませんが、連絡が滞っているからといって人脈を断ってしまうことはおすすめできません。細くても関係が続けば、太いつながりに発展することや大きな助けになることがあるからです。定期的な連絡を心がけて、関係維持に努めましょう。

自分磨きを怠らない

人脈作りでは、自分磨きを継続することも重要になります。自分磨きを怠ると、相手に刺激や価値を与えることが難しくなるからです。一方的に与えられる側になると「もう一度会いたい」と思われることは少なくなり、ギブ&テイクあるいはWin-Winの関係が崩れるからです。人脈から刺激を受けて、自分を常に成長させ続けなければなりません。

社内の人脈にも注目する

人脈作りを心掛けている方は、社内でも人脈を広げましょう。社内に人脈を構築すると、仕事を進めやすくなる、仕事の幅が広がる、様々な情報が手に入る、困った時に助けてもらえるなどを期待できるからです。また、社内のネットワークを活用して、社外の人脈を広げることもできます。例えば、知り合いたい専門家を紹介してもらう、退職した人に転職先のスタッフを紹介してもらうなどが考えられます。社内の人脈も社外の人脈と同じくらい重要です。

こんな人脈作りはNG

続いて、人脈作りで気を付けたいポイントを解説します。

権力者とばかり人脈を作る

社長などの肩書で人脈を作ることはおすすめできません。最初から与えてもらうことを目的にしていると、良い関係は構築できないからです。人脈は相互作用でお互いが成長していく関係が理想です。結果的に社長などと人脈を構築すること、あるいは目的をもって社長などと人脈を構築することはありえますが、肩書に惹かれて人脈を構築することは避けるべきといえるでしょう。

上辺だけの付き合いをする

上辺だけの付き合いも、出来るだけ避けるべきと考えられます。信頼関係を構築していないと、本当の意味で人脈とはいえないからです。例えば、お互いの関係が浅いといざというときに頼れませんし、頼ってもらえません。人脈を構築したい人とは、少しずつ関係を深めて信頼関係を構築することが重要です。定型的な挨拶から一歩進んで、人としてのつながりを強くしていくとよいでしょう。

見返りを求める

相手に見返りを求める人脈作りもおすすめできません。協力の見返りを求める人とは、関係を続けたくないと考える人が多いからです。見返りを求めず相手のために自分の強みを発揮することで、信頼関係は深まっていきます。まずは自分の損得を考えずに、できることをするべきでしょう。誠実な人であれば、見返りを求めなくてもタイミングを見計らって恩返しをしてくれます。もちろん、恩返しがなくても気にする必要はありません。

人脈作りに役立つツールをご紹介

人脈を広げたいときに役立つツールを紹介します。

LinkedIn

LinkedInは、200以上の国と地域で利用されているビジネスシーンに特化したSNSです。特徴は実名・会社名・顔写真の登録を基本としていることです。相互フォローにより、ビジネス上の付き合いがある人とつながれます。具体的には、タイムラインで相手の近況を確認したり、ダイレクトメッセージを送ったりすることができます。また、様々な条件で検索して人脈を広げていくことも可能です。

COLABO

COLABOは、完全審査制により経営者層のみが参加できるビジネスマッチングアプリです。ビジネスにつながりやすいマッチングを実現してくれる点が特徴といえるでしょう。質の高いマッチングを実現できる理由は、AIが目的を踏まえたうえで経営者を紹介してくれるからです。マッチングには、プロフィールや他者評価、行動履歴などが活用されます。経営者同士のつながりを求めている方におすすめです。

yenta

yentaは、累計マッチング数300万件、ユーザー在籍数2万社を突破している完全審査制のビジネスマッチングアプリです。特徴は毎日正午にAIがおすすめの10人を紹介してくれることです。興味のある人が見つかったら右にスワイプ、マッチング成立でメッセージを送れます。カジュアルな出会いを求めている方に、おすすめのビジネスマッチングアプリです。

Eight

Eightは、名刺を撮影するだけで素早くデータ化してくれる名刺管理アプリです。また、名刺交換した相手とつながれるSNS機能も搭載しています。具体的には、タイムラインで相手の近況を確認したり、メッセンジャーで連絡を取ったりすることができます。SNS機能を使って、名刺交換した相手と関係を深めていける点が魅力です。

Lucidchart

Lucidchartは、ユーザーのニーズに合わせて相関図を作成してくれるツールです。相関図のテンプレートを活用できるうえ、連携アプリからデータをインポートできるため、素早く相関図を作成できます。人脈を管理したいときに役立つツールといえるでしょう。

つながりたい企業との接点を作るには?

起業したばかりで経営者同士の接点がない場合や、今までのコミュニティでは接触できなかった層にアプローチしたい場合には、人脈を持つ人材を自社に招き入れることで接点を作ってはいかがでしょうか。

次世代型マッチングサービス「顧問バンク」には、東証一部上場企業や海外に事業展開する企業などで経験を積んだ、経営・営業・マーケティング等のプロが多数登録しています。「顧問バンク」なら、登録顧問と企業の直接交渉で契約内容が決められるので、各業界に太いパイプを持つ人材を味方につけて自社の営業活動や販路拡大、人脈作りを推進できるでしょう。

「あの会社と取引するには?」と考えても答えが出ない場合は、その会社と縁のある人材に声をかけてみてはいかがでしょうか。顧問バンクは6000人以上の登録者のプロフィールや人脈を閲覧し、直接コンタクトを取ることができます。

   

御社の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧