経営層に必須の「人脈」接点を作る方法と広げ方のコツ | 顧問バンク

コラム

経営層に必須の「人脈」接点を作る方法と広げ方のコツ

会社の経営は自分一人だけで成り立つものではありません。そこで働く従業員や顧客、取引先があって初めて成立するものです。しかし、経営者にとっては会社を経営している人同士で築く横のつながりも同じくらい重要と言えます。

今回の記事では、経営層にとって人脈がなぜ大切なのか、そして人脈を広げていくために有効な方法は何か、という点について詳しく解説します。

経営者が人脈を広げるメリット

経営者のなかには企業の経営層、個人事業主など多様な人脈を構築し、人とのつながりを大切にしている人がほとんどです。人脈を広げるということは具体的にどのようなメリットがあるのか、今回は2つのポイントに絞って解説していきます。

多様な価値観や考え方を取り入れる

企業の経営者は社員とその家族の生活に対して大きな責任を負っている存在です。だからこそ、常に世の中のことを知り、自社にどのようなニーズが求められているかを意識しておく必要があります。

時代はめまぐるしく変化しており、つい数年前までは常識であったことが通用しなくなっていることも珍しくありません。人々の価値観の変化とともに、自社に対するニーズも年々変化していると考えられます。これからの時代に自社はどのような事業を展開していくべきかを知るためにも、様々な人とコミュニケーションを取り、自分の知識や価値観をアップデートしていきましょう。

万が一のときに助けてくれる存在を見つける

災害などの非常事態によって、自社の業績が急速に悪化し経営危機に陥る可能性はゼロではありません。万が一、そのような状態になったとしても、様々な業界の経営層と人脈を築いていると、意外なところから助け舟を出してくれるケースもあります。

特に最近では災害だけではなく、感染症等によっても企業の経営リスクが増大してきています。人脈があれば自社が困ったときはもちろん、知り合いの経営者が困っているときに助けの手を差し伸べることもできます。有事の際に助けを求められる存在が近くにいることが、経営者にとってはリスク管理のひとつであり、新しい挑戦への支えとなるはずです。

人脈作りの5つの手段

人脈は受け身の姿勢で待っているだけでは広がりません。特に経営者として駆け出しの頃は、自分から積極的に動くことが様々な人脈を広げていくために必要とされるでしょう。そこで、以下では人脈を広げるために有効な5つ手段を紹介します。

取引先や顧客との積極的なコミュニケーション

人脈作りの基本かつ有効な手段は、これまで接点を持ってきた顧客や取引先とのつながりを大切にすることです。例えば自社の売り上げが下降気味で業績が悪化しているときに、過去に取引した相手に対してフォローのメールや電話などのアクションを起こしてみるだけでも、近況報告などの会話から案件の受注につながることがあるかもしれません。

異業種交流会

様々な団体が主催している異業種交流に積極的に参加してみるのも良い方法です。普段の業務では絶対に知り合えないような業界の人とのつながりができ、意外な切り口からビジネスに発展していくことも考えられます。

ただ、異業種交流会は一度きりのコミュニケーションになりがちで、人脈が築きにくいこともあります。そうならないためには、テーマが決まっている連続セミナーなどに参加し、共通の話題を設けながら人脈を築いていくのも選択肢のひとつです。

セミナーの実施または参加

勉強会などのセミナーを主催してみるのも人脈を広げるうえでは有効な方法です。セミナーに参加する人はその業界や職種に興味を持っていることがほとんど。そのため、必然的に共通の話題でコミュニケーションを取りやすいものです。もし自社でセミナーを開催できるほどの余裕がない場合は、他社が主催しているセミナーに顔を出してみるのも良いでしょう。

SNSなどのオンラインコミュニティ

オンライン上でのコミュニケーション手段は多種多様です。若手経営者を中心にSNSで情報発信をするケースも増えてきています。情報を得るための手段としてはもちろんですが、オンライン上から様々な人脈を構築するのにも役立つでしょう。

直接コンタクトを取るために能動的に動く

多くの経営者が人脈作りのために、「とにかく能動的に動く」ということを実践しています。例えば「会って話をしてみたい」「新規ビジネスのためのパートナーとして迎え入れたい」など、コンタクトの目的が決まっている場合は面識がなくても積極的にアポイントを取るという人は数多くいるのです。相手からの連絡を待つのではなく、自ら能動的に動くことが何よりも重要と言えます。

つながりたい企業との接点を作るには?

起業したばかりで経営者同士の接点がない場合や、今までのコミュニティでは接触できなかった層にアプローチしたい場合には、人脈を持つ人材を自社に招き入れることで接点を作ってはいかがでしょうか。

次世代型マッチングサービス「顧問バンク」には、東証一部上場企業や海外に事業展開する企業などで経験を積んだ、経営・営業・マーケティング等のプロが多数登録しています。「顧問バンク」なら、登録顧問と企業の直接交渉で契約内容が決められるので、各業界に太いパイプを持つ人材を味方につけて自社の営業活動や販路拡大、人脈作りを推進できるでしょう。

「あの会社と取引するには?」と考えても答えが出ない場合は、その会社と縁のある人材に声をかけてみてはいかがでしょうか。顧問バンクは6000人以上の登録者のプロフィールや人脈を閲覧し、直接コンタクトを取ることができます。

●●の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧