ダイバーシティ経営とは?メリットや問題点について解説 | 顧問バンク

コラム

ダイバーシティ経営とは?メリットや問題点について解説

グローバル化が急速に進んでいる今日では、様々な国籍、民族的背景を持つ人々と共に働く機会が増えており、そうした多様性を経営力にどう活かしていくかが新たな課題として浮上しています。多様な働き方を実現するには、女性の働き方について考えることも不可欠と言えるでしょう。なぜなら、日本の企業社会は依然として多くの女性にとって働きやすい環境とは言えないからです。

多様な個性をうまくまとめてこそ強い組織になると言われる昨今、注目を集めている「ダイバーシティ経営」は、経営の真髄とも呼べるものです。今回はダイバーシティ経営の意味と、それがもたらすメリット、問題点などを解説します。

ダイバーシティ経営とは?推進される背景

「Diversity(ダイバーシティ)」とは日本語で「多様性」を意味する言葉です。つまり、ダイバーシティ経営とは多様な人材を活かして行う企業経営のこと。異なる国籍や民族的背景を持つ人のほか、女性、障がい者、性的マイノリティもまた多様性を構成する人達です。

以下では、そんなダイバーシティ経営が注目されている理由について見ていきます。

人材不足を解消するため

まず、日本が今抱えている「労働人口の減少」が大きく関わっていると言えるでしょう。そのため、今ではどの業界でも外国人労働者の雇用を進めています。また外国人だけでなく、定年退職後のシニア人材、子育てを終えた女性の雇用や活用を積極的に図る企業も増えています。

市場環境の変化、顧客ニーズの多様化への追随、競争力の確保

グローバル化が進む昨今、市場環境の変化や顧客ニーズの多様化は、これまで成功していた企業やプロダクトにとって、収益機会を失うリスク要因となり得ます。外国人の雇用が進んでいるのは、多様な背景を持つ人材を活用することで環境変化に強い組織を作り、競争力確保や収益機会拡大につなげるためです。

ダイバーシティ経営が投資家に評価される理由

企業が成長するためには、市場環境の変化に対応しつつ企業価値の最大化を持続的に図ることが大切です。また、それを可能にする企業だけが、多くの投資家から評価されます。

グローバル化に伴う変化に対応するには、多様な人材の活用が不可欠です。性別、年齢、国籍、障がいの有無はもちろん、経験や価値観といった目に見えない違いも含め、多様な人材が持てる能力を存分に発揮できる企業でなければなりません。そうした企業であれば、社会的評価も高まり、経営の持続性を担保できるでしょう。

ダイバーシティ経営のメリット

ダイバーシティ経営によって、多様な背景や考え方、価値観を持った人材が集まれば、新たな環境変化や課題に対しても素早く対応できるようになります。特に、海外進出を目指す企業や外国企業との取引が多い企業にとって外国人の採用は大きなメリットがあると言えるでしょう。

また、年齢や性別、障がいの有無を問わず、能力のある人材を柔軟に活用していくことは、人手不足の解消だけでなく、企業の戦力を高めることにもつながります。昨今では銀行などで、定年退職後のシニアや、子育てを終えた行員を再雇用する動きが顕著です。こうした動きには、彼らの持つ経験やスキルを活用することで、教育コストを抑え、業務効率を高めるという狙いもあります。

ダイバーシティ経営の課題と解決策

ダイバーシティ経営にはこうしたメリットがある一方で、課題も少なくありません。例えば、多様な人材が組織を構成しているような場合、そこに少なからず無理解や軋轢が生じやすくなります。特に外国人労働者を受け入れると、文化や習慣、価値観の違いに戸惑うことも多くなるでしょう。

また、子育て中の人を積極的に雇用しようとすれば、出社や退社時間に柔軟性を持たせなければなりません。また、若い上司が年配の社員に指示を出しづらい、という問題が生じる可能性もあります。

では、こうした課題を解消しながら、ダイバーシティ経営を自社に根付かせるにはどうすればよいのでしょうか?

多様性を受け入れる企業風土に変えていく

様々な背景や価値観を持った人々をただ同じオフィスに集めただけでは、働きづらい組織になるだけで、生産性の向上は望めません。大事なのは、多様性を受け入れる企業風土へと変革していくこと。もちろん、各自の属性がどうかにかかわらず、能力や成果を公平に評価する仕組みを整備していくことも重要です。

多様な働き方にも対応していく

外国人労働者に対してはそれぞれの国柄や文化、風習に配慮する必要性があります。例えば、イスラム教圏の人であれば、勤務時間中にも礼拝を行う習慣がありますが、企業としてはこうした“違い”を理解したうえで業務や働き方を考えていく必要があるでしょう。

また、介護や育児で出社が難しい働き手に対しても、テレワークを導入する、在宅勤務を許容するなど柔軟な体制作りが欠かせません。つまり、単に多様性を受け入れるだけでなく、多様な働き方に対応することもダイバーシティ経営の重要な課題と言えます。

ダイバーシティ経営へスムーズに移行するには

ダイバーシティ経営は、多様な人材が持つ能力や経験を活かす人材活用の手段です。しかしながら、従来型の経営からの移行は一朝一夕にはいきません。経営トップの考え方を変えることもさることながら、職場や人事評価のあり方も柔軟に変えていく必要があるからです。

こうしたダイナミックな改革を行う際には、社内の混乱に備えてダイバーシティ経営に強い専門家にアドバイスを求めるのがベストです。次世代型のマッチングサービス「顧問バンク」には労務や法務、人事などの豊かなノウハウを持つ人材が多数登録しています。契約内容は顧問個人とのやり取りで自由に決められるので、今必要なサポートをピンポイントで受けられることが顧問バンクを利用するメリットです。

●●の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧