資金調達顧問に相談!資金繰りのお悩みは顧問バンク | 顧問バンク

コラム

資金調達顧問に相談!資金繰りのお悩みは顧問バンク

会社を興したり、事業を拡大したりするために必要な資金調達。融資を受ける方法や書類作成などで困ったとき、専門知識を活かして資金繰りの相談に乗ってくれるのが「資金調達を専門顧問」です。資金調達に秀でた顧問を見つけ、自社のミッションを成功させるために招き入れるには、どのような方法があるのでしょうか。資金調達顧問の役割のほか、選ぶポイントや契約料金の一例をご紹介します。

資金調達顧問とは?業務内容や役割について

資金調達顧問は、資金調達に精通する専門家が就く役です。主な業務内容として、以下のようなものが挙げられます。

・金融機関へ提出する書類作成に関するアドバイス
・金融機関の融資担当者との交渉
・金融機関の評価を改善するための決算対策
・事業計画書の作成およびプレゼンテーション

資金調達をする際は、融資を受ける金融機関の審査を通過するため、決算書や事業計画書などの書類をきっちり用意しなければなりません。特に決算書は会社の財務状態をジャッジする極めて重要書類となるため、精度の高さが求められます。こうした制度の高い書類を作成できる資金調達顧問がいれば、無事に融資を受けられる確率が高まるでしょう。

また、実際に金融機関へ赴いて交渉をする際も、財務のスペシャリストである資金調達顧問に同行してもらえれば、強力なサポートが受けられるのは間違いありません。社内スタッフだけでは知識が足りず、問題点を指摘されてしまうようなポイントでも、専門知識を備えたスペシャリストが隣にいれば強気な交渉がしやすいはずです。

資金調達顧問の契約料金の相場とは?

事前に契約料金の相場について知っておきたいという方は多いでしょう。以下は税理士が資金調達を代行する場合の契約料金の一例です。

補助金・助成金日本政策金融公庫日本政策金融公庫
着手金2~5万円3~5万円2~5万円
成功報酬資金調達額の15~25%資金調達額の3~5%資金調達額の2~5%

資金調達を代行する機関によっては着手金や成功報酬が別途必要になりますが、資金調達顧問と事前に顧問契約をしておけば資金調達に関する不明点を日常的に相談でき、作業のたびに着手金がかからないというメリットもあります。

資金調達顧問を選ぶポイントとメリットについて

●資金調達顧問を選ぶポイント

企業や団体の資金調達顧問には、特定の資格は必要ありません。ただし、企業としては「資金調達の専門家」として契約する以上、顧問の能力を見極める指標が欲しいところでしょう。顧問の候補が「経営革新等支援機関(認定支援機関)」の認定を受けた機関に所属していることは、信用できる人材であると判断するひとつの基準になります。

「経営革新等支援機関」とは、主に中小企業経営者から資金調達などの相談に対処するにあたり、知識や経験が一定レベル以上であると国が認定した個人や法人、中小企業支援機関のことです。

資金調達顧問を選ぶ際には、融資実行件数などの「実績」が非常に重要です。融資実行件数など顧問個人の実績を見て判断すると良いでしょう。

●資金調達顧問を選ぶメリット

資金調達方法は金融機関からの融資がメインとなりますが、それ以外にも「補助金・助成金の利用」や「投資家からの出資」などの手段があります。常に情報を最新のものにアップデートしている資金調達顧問を雇えば、こうした方法の中から現在の自社に適した資金調達方法を選択してくれるでしょう。

その他にも、資金調達顧問は前述したような決算書などの書類作成、金融機関との面談への同行などといった役割も果たしてくれます。健全な企業活動を継続するため、小さなことでも相談できる関係性や契約状態を維持しておくことが大切です。

「顧問バンク」には、資金調達が得意な顧問が多数

マッチング型の顧問紹介サービス「顧問バンク」には、今回ご紹介した企業経営や銀行の融資に関するノウハウを持つ顧問が数多く登録しています。

「顧問バンク」では、これまでのキャリアや実績といった顧問候補者個人の最新プロフィールが閲覧可能です。「顧問検索」の機能を使えば、自社のニーズに適した顧問候補を見つけることができるでしょう。また、会社側が相談したい業務内容を「案件票」という形で作成すれば、案件相談を複数の顧問にいっぺんにアプローチできるのも魅力です。

また、多くの登録者を抱える「クラウド」ならではの魅力として、適した人材を見つけてからマッチングまでが迅速でスムーズなのも特徴です。チャット上で業務内容や報酬の合意が取れるため、コンサルタントをはさむ顧問紹介サービスよりも面談から契約までの期間をグッと短縮できます。

さらに、クラウドに登録する顧問は適宜プロフィールを更新しているため、常に最新情報が入ってくるというメリットも見逃せません。もし資金調達顧問をお探しなら、便利な顧問バンクの利用をぜひご検討ください。

●●の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧