業務改善コンサルティングとは?サービス内容を解説 | 顧問バンク

コラム

業務改善コンサルティングとは?サービス内容を解説

会社を発展させていくためには定期的に現在の業務について見直し、改善していくことが重要です。しかし、具体的にどこをどのように改善させれば良いのかわからず困っているのであれば、業務改善コンサルティングの専門家に依頼してみると良いでしょう。依頼できる内容や、メリットなどについてご紹介します。

業務改善コンサルティングとは

業務改善コンサルティングとは、現在の企業の業務プロセスを可視化し、問題点を抽出することによって、最適なプロセスが構築できるようにサポートしてくれるサービスのことをいいます。第三者視点で会社を見極め、何をどうすれば業務改善につながっていくのかアドバイスしてもらうことが可能です。

例えば、もっと効率よく業務を進めていきたいと考えているものの、改善すべき具体的なポイントがわからない、他社ではどのような取り組みを行っているのか知りたいといった場合に役立ちます。

業務改善コンサルティング会社が提供するサービス

業務改善コンサルティング会社は具体的にどのようなことをしてくれるのでしょうか。代表的なのは、以下の7つのサービスです。

業務プロセスの可視化

まず、業務プロセスを可視化することから始めます。現在会社で発生している問題や、改善すべきポイントを判断するためには、業務の可視化が欠かせません。
可視化とは見える化のことで、各プロセスのつながりや全体の手順について目に見える形にします。業務の可視化を行うことにより、その業務に携わる社員が業務プロセスについて明確に理解できるようになるのがポイントです。

業務プロセスを可視化する際には、コンサルティング会社が開催する研修に参加して自社で作成する方法のほか、社員などから聞き取りを行ってコンサルティング会社のほうで作成してくれるものがあります。

具体的にどのような方法で可視化していくのかについては担当のコンサルタントや依頼する会社によって異なるので確認しておくと良いでしょう。

業務問題の特定

生産性において理想的な結果を出せてない場合、可視化した業務全体のどこかに問題があるはずなので、それを突き止めていきます。

問題がありそうな箇所については、経営コンサルタントが現状の分析や過去の経験などをもとに判断してくれるので、効率よく進められるでしょう。そのため、できるだけ経験豊富な業務改善コンサルティング会社や顧問等のアドバイザーに依頼することが重要です。

業務問題の原因特定

問題が発生している部分がわかったら、今度は様々な業務分析手法を用いてその問題が発生している原因を特定していきます。
代表的な業務分析方法はロジックツリーやバリューチェーン分析と呼ばれるものです。

ロジックツリーとは問題を論理的に関連した要素を作成し、モレなくダブりなく分析していく方法のことをいいます。バリューチェーン分析とは、機能別に事業を分類し、各工程で発生している付加価値を確認するためのフレームワークです。複数組み合わせて原因の特定を行うこともあります。

改善案の提示

社員と協力しながら改善案を作成します。また業務改善によってこれまでとやり方が変わる部分がありますが、中には過去のやり方に固執しているなどの理由で納得できず、抵抗する社員が出てくることもあります。こういった場合も業務改善によってどのような効果が期待できるのか、なぜ改善しなければならないのかなどを社員に伝えるのも重要な仕事です。

効果測定

実際に改善案を実施し、効果を測定します。期待していた結果が得られれば業務改善は成功です。

残念ながら結果が芳しくない場合については、社員のスキル不足や仕事の方法など、なにがボトルネックになっているのか明確にしなければなりません。その改善策を検討したうえでPDCAサイクルをまわし、さらなる改善を行っていくことになります。

コスト削減支援

業務改善のため、業務プロセスの可視化をしたり問題を特定したりする際に、コスト削減ができるポイントが見えてきます。中にはコスト削減を専門的に行っている業務改善コンサルタントもおり、事業の質を維持しながら無駄な出費を抑えるのをサポートしてくれます。

ソフトウェアの導入

業務改善を行う際、新たにソフトウェアなどのツールを採用することがあります。新たなツールを採用する場合は、導入に関する支援を行うのも業務改善コンサルティングの役割です。

業務改善コンサルティングを依頼するメリット

社内でも業務改善について考えていくことはできますが、業務改善コンサルティング会社に依頼することによって以下のようなメリットがあります。

業務改善ノウハウを習得できる

業務改善の専門家ということもあり、専門的な知識を持たない自社の社員で業務改善に取り組んでいくよりも効果的なノウハウを用いてサポートしてもらえます。様々なアドバイスを受けることができるので、今後何か問題が発生した際にその知識を役立てて行くことができるでしょう。

自社の中で業務改善に取り組んで行こうと考えた際には、実践したうえで効果を判断するしかありません。ですが、業務改善コンサルティング会社はこれまで他社で行った成功事例・失敗事例を含めたノウハウを持っているので、改善すべきポイントをいち早く見つけ、効果的な改善策を取ることができます。

第三者視点で業務改善ができる

社内で業務改善を行うよりも、第三者の視点で改善すべきポイントを探した方が本当に効果的な業務改善ができるケースが多いです。社内で何度か業務改善に取り組んでみたものの思うような効果が得られていないようなケースでも、業務改善コンサルティング会社に相談してみると良いでしょう。

専門知識に基づいたサポートが受けられる

専門知識に基づいて、的確なアドバイスやサポートが受けられるのも大きなメリットです。社内で業務改善を行う場合は、問題点が見つかったとしても、具体的にそれをどのように改善をしていけば良いのかわからず時間かかってしまうことがありますが、そういった心配もありません。

実際に業務改善に取り組む際には相談をしながら実践できるので、自社内に業務改善に関するノウハウを蓄積していくことにもつながるでしょう。

業務改善コンサルティングの利用費用

業務改善コンサルティングの依頼をする場合、1ヶ月あたり100万円~200万円ほどの費用がかかります。依頼内容によって具体的な金額が変わるので、場合によっては100万円以下に抑えることも可能ですが、どれくらいの費用がかかるのかについては事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

個人事業者や小規模法人の場合は、50万円~90万円ほどで依頼できるケースもあります。また上記は1人あたりの費用であるため、何人か業務改善コンサルティングの専門家を雇う場合は更なる費用がかかります。

またどの程度の知識を持ったコンサルタントと契約するのかによっても費用は大きく変わるので、注意が必要です。スキルや経験が豊富なベテランのコンサルタントは、時間単価が高くなります。
費用だけを重視して安いコンサルタントに依頼してしまうと、スキルや経験が不十分だったという例もあるので、信頼できるコンサルタントなのか見極めていかなければなりません。

会社のどこに問題があるのか明確にできる

業務改善コンサルティングとは何なのか、依頼できる内容や契約するメリットなどについてご紹介しました。一見安いものではありませんが、業務改善の結果得られるコストダウンや、成果を考えると効果は大きいです。

業務改善が大幅な売上向上やコストカットなどにつながるケースも多いため、コンサルタント料以上に得るものがあったという会社が多く、様々な企業から選ばれています。

   

御社の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧