労務顧問とは?契約料金やメリット、選ぶポイントについて | 顧問バンク

コラム

労務顧問とは?契約料金やメリット、選ぶポイントについて

2019年4月の働き方改革関連法、正式には「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」の順次施行によって労働基準法に関しても法改正が行われました。それに伴い、行政の指導や勧告も活発化しており、企業単位での法令遵守の流れがより厳格化しています。

企業は変化し続ける社会情勢に対応すべきではありますが、特に法対応などは社内の経験則だけでは難しい面もあります。そこで検討しておきたいのが、会社の労務に関してアドバイスをくれる「労務顧問」との契約です。本記事では労務顧問の役割や料金の相場、労務顧問の選び方について紹介します。

労務顧問とは?業務内容や役割について

労務顧問とは、会社が従業員に対して行うべき労務に関する相談を請け負う人材です。「長時間労働の是正」や「年次有給休暇の取得」が義務化している昨今において、従業員が法令遵守したうえでトラブルや紛争を回避したうえで業務に徹することをサポートする役割を担います。

労務顧問が行う主な業務は以下の通りです。

・就業規則、不随諸規定の運用や改正に関する相談
・社員の採用、労働条件の変更、退職・解雇など日常の労務管理に関する相談
・労働保険や社会保険など各種保険の手続き
・法令改正に関する情報の提供や解説
・給与計算業務

労務顧問の契約料金の相場

労務顧問の契約を検討する際に気になるのは、やはり料金の相場ではないでしょうか。顧問料は依頼する業務内容の範囲や会社の従業員数によって変わるものの、月額最低2万円からが相場です。会社の従業員が多ければそれだけ顧問の負担も増すため、報酬も高くなります。契約する際は、企業規模や依頼したい業務と費用を見極めながら、費用対効果が高くなるよう契約を結びましょう。

労務顧問を選ぶポイントとメリットについて

従業員が安全・安心して働ける環境を整備するうえで、法改正への対応など重要な役割を担う労務顧問。ここでは労務顧問を契約するメリットや選び方について具体的に紹介します。

労務顧問を契約する3つのメリット

・メリット1:労務にかかるコスト削減が可能
人材の採用や退職の際には「法律」に則った処理が不可欠です。保険や給付金の手続き、給与計算業務などの業務は労務顧問のサポートによって労力を削減しましょう。

・メリット2:専門家による適切な対応
人事労務の手続きは非常に多岐にわたるため、申告漏れや手続きのミスが起こる恐れがあります。そうしたミスが後に大きなトラブルに発展することもあるため、適宜適切な対応が必要です。特に近年は、法改正が頻繁に行われていることもあり、慣例で行っていると「実は間違っていた」というケースも少なくありません。労務顧問に依頼することで、そうしたうっかりミスを減らせることは大きなメリットと言えるでしょう。

・メリット3:従業員とのトラブルを未然に防ぐ
労働問題の中には顕在化していない事案も多く、基本的に対応が後手に回りがちです。しかし、トラブルや紛争が起こると通常の業務にも支障をきたす危険性があり、可能な限り未然に防ぐことが望ましいと言えます。労務顧問と契約を結び、適した労務管理が行われることで、潜在的なトラブルのもとにも表面化する前に目を向けることができます。

労務顧問を選ぶポイント

安定した労務管理を実現するためには、労働問題・就業規則・各種保険・助成金をはじめとした幅広い知識が必要です。それに加えて、起こり得るトラブルの予測をすることも重要となるため、労務顧問を選ぶ際は保有する資格や経歴、実績をしっかり確認しましょう。

また、労務顧問は企業規模や依頼内容によって顧問料が高額になります。そのため、かかる費用と労務顧問に望む業務内容のバランスを見極めることが重要です。

顧問バンクでは、労務顧問が数多く登録しています

コンプライアンスは会社の信用に大きく関わる部分なので、健全な労務管理体制を構築し、従業員とのトラブルや法令違反を未然に防ぎましょう。「社内に労務に詳しい人材がいない」「労務に関わる社員の残業時間を削減したい」などの課題でお悩みなら、労務顧問との契約を検討してはいかがでしょうか。

   

御社の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧