物流顧問とは?顧問料金やメリット、選ぶポイントについて | 顧問バンク

コラム

物流顧問とは?顧問料金やメリット、選ぶポイントについて

物流業界の企業において「コストカット」「作業の効率化」は永年の課題と言えます。しかし、保管・輸送・荷役・包装・流通加工・情報システムと多岐にわたる物流の機能において、どこに問題点や改善点があるかを発見することは簡単ではありません。その場合は、内部からではわからない客観的な視点によってアドバイスをくれる「物流顧問」を雇ってはいかがでしょうか。物流顧問の雇用によって、コストカットや効率化を実現しましょう。

物流顧問とは?業務内容や役割について

物流顧問とは、物流業界での経験やコネクションを持つ人物をアドバイザーとして顧問契約することです。専門的な知見を活かしたアドバイスによって、事業の活性化を目指す存在でもあります。

物流顧問の主な業務内容として、以下が挙げられます。

・倉庫管理の設計・管理システム導入についてのアドバイザリー
・最適な配送手段・ルートの分析
・物流のアウトソーシング提案
・在庫最適化の提案
・物流ネットワークの再編

物流事業の効率化を考えるうえで、その拠点となる倉庫での管理体制が適切であるかの検討が非常に重要です。物流顧問は倉庫管理にメスを入れ、「WMS(倉庫管理システム)」がまだ導入されていないようなら、導入をサポート。

WMSなどのシステム導入や管理体制の整備によって、倉庫内における入出荷や保管などといった「庫内物流」のスピードアップが可能になります。正確性も上がり、単純なミスを減少させる効果も期待できます。

物流において「倉庫」と同様に根幹を担う「配送」についても、物流顧問を雇うことで改善が可能です。2019年10月からの消費税増税に伴い、配送の単価削減は企業課題となっています。そのため、少しでもコスト削減につながる策を講じたいところです。

物流顧問から助言を得ることができれば、路線便とチャーター便の使い分けや、配送ルート見直しによる効率化の実現の模索など具体的な取り組みを実行できます。

その他、会社の特性に最適な委託先となる物流業者を探したり、在庫を最適化することでコストカットするなどの業務を実行したりするなど、改善の糸口となるアクションを見つけることも物流顧問の役割です。

物流顧問の顧問料金の相場とは?

物流顧問を始め、顧問からのアドバイザリーを必要としている会社は多いですが、その際に気になるのが顧問料金です。コストカットを目指して顧問と契約するのに、顧問料金が高ければ本末転倒となる恐れがあります。顧問料金の払い過ぎを防止し、適正額を支払うためには、顧問料金の相場を把握することが先決です。

物流業界に限らず、企業が顧問を契約する場合は月額契約を結ぶことが一般的です。「相談したい点があったときに対応してほしい」といったスタンスで、相談内容を決めずに契約する場合は料金として月3万円程度はかかります。

この費用は相談の手段(対面や電話、メールなど)や相談時間、頻度によっても増減するので契約前に条件をしっかり詰めるようにしましょう。

一方、「在庫最適化」などの解決すべき課題が明確であり、それに関する助言だけを受けたい場合は顧問の時間単価と作業時間によって費用が決まります。

月々の費用は7~15万円ほどになるケースが多いでしょう。1時間ないし2時間ほどで対応する単発の契約であれば、顧問の負担も少ないので、より顧問料金を抑えられるケースもあります。その相場は1回1~2万円ほどです。

物流顧問を選ぶポイントとメリットについて

物流顧問を選ぶポイント

物流顧問には特別な資格が必要なわけではないので、選ぶ際にはその人の実績や経験をしっかり吟味しなければなりません。ただし、明確な資格がなく、弁護士や税理士などと比べて個人のホームページが開設されているケースも少ないため、情報を入手しにくいのが物流顧問の特徴です。

もし自分たちで探すのが難しければ、顧問候補となりそうな人物のプロフィールなどが分かりやすく掲載され、自由に閲覧できるマッチング型の顧問紹介サービスを利用してみましょう。

物流顧問を選ぶメリット

運送会社の値上げなどによりコストの高騰が続く物流業界において、物流に精通した顧問の存在は大きな力となります。適切なアドバイスを受けられれば、コストカットによる「経営改善」と、作業の効率化による「現場改善」の両立も実現できるでしょう。

また、物流面の課題は営業・会社の全体事業・財務などが関わってくるものです。物流顧問の働きにより物流面の課題が改善されれば、会社全体の経営戦略にも大きなプラス効果が生まれます。

「顧問バンク」には、物流業界に詳しい顧問が数多く登録しています

法律や税務とは異なり、専門の資格がない物流は知識を備えた人物を見つけにくいのが難点です。マッチング型の顧問紹介サービス「顧問バンク」には、物流面への深い知識と豊富な経験を備えた人物も数多く登録しているため、企業のニーズに合う顧問をすぐに見つけることができます。また、会社としてクラウドに登録して募集をかければ、相手側からの応募も期待できます。

加えて、クラウドに登録している顧問は、自らのプロフィールを常に最新の状態にアップデートしているため、現在の状態が分かりやすいのも大きな魅力です。

●●の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧