経営顧問ってどんなポジション?業務内容や料金の相場を解説 | 顧問バンク

コラム

経営顧問ってどんなポジション?業務内容や料金の相場を解説

近年、企業経営に関するノウハウを提供したり、特定の業務についてアドバイスを行ったりする「経営顧問」が多くの企業から注目を集めています。経営顧問は取締役とは異なり、あくまでもサポートに徹する立場。そのため「必要なとき」にだけアドバイスを求めることができます。

こちらの記事では、経営顧問とは具体的にどのような業務を行う役割なのか、顧問契約を結ぶ際の相場はどのくらいなのか、といった内容について解説していきます。

経営顧問とは?業務内容や役割について

経営顧問は、企業と顧問契約を結んで企業経営に関わる意思決定や問題解決をサポートするための役割、もしくはその役割を担う人材を指します。経営に直接関わる取締役ではなく、あくまでも意見を述べたり助言したりといったコンサルタントのような役割です。最終的な意思決定は、取締役が行います。

会社を運営していくうえで、人事や財務といったバックオフィス業務も重要であることは言うまでもありません。しかし、特にベンチャー企業やスタートアップ企業ではこれらのノウハウを持った人材が不足していることも多く、知識や業務経験が豊富な経営顧問の力を借りて経営上必要とされるものを補うケースもあります。

一口に経営顧問と言っても、様々な分野に特化した人材が存在します。重要なのは、「今の会社が本当に求めるスキル」を持つ人材を経営顧問に迎え入れられるかどうか。そのため、状況に応じて人事、財務、総務といったそれぞれのプロに顧問を依頼することが多いです。

経営顧問の契約料金の相場

経営顧問の料金相場は、その人材が有するスキルや知見、経験はもちろん、対象となる企業の従業員数や訪問回数によっても異なります。

従業員の数で見ると、以下が契約料金の大まかな相場となります。いずれも訪問が週1回程度発生するケースです。

・従業員数10名未満の場合:月額3万円程度〜
・従業員数10〜50名の場合:月額5万円程度〜
・従業員数50〜100名の場合:月額7万円程度〜

また、報酬制度もケースによって異なります。一般的な雇用契約のように月額固定制を採用しているところもあれば、これに加えて成果報酬型の制度を採用している企業も。例えば、人事顧問であれば新規採用者数に応じてインセンティブ報酬が生じたり、財務顧問の場合は経費削減額に応じて報酬が加算されたりします。

経営顧問を選ぶポイントとメリット

優秀な経営顧問を選ぶ際には、どのようなポイントに注意すべきなのでしょうか。いくつか選ぶポイントはあるものの、やはり重視したいのは経験とスキルです。どのような企業でどのような仕事をしてきたのか、経歴や実績を詳細にチェックしたうえで自社の力になり得る人材であるかを見極める必要があります。もしその方が書籍を執筆しているなら、面接の前にじっくり読み込んでおくと成功体験や仕事への向き合い方を理解しやすいでしょう。

経営顧問を選ぶ条件には、「人としての相性」もあります。いくら仕事上の付き合いとは言え、最後は人と人とのコミュニケーションです。いくら仕事が速く、判断力に優れている人材であっても、コミュニケーションがうまくとれなければ経営陣とのすれ違いが生じ、企業経営に深刻な影響を及ぼすこともあります。人としての「好き嫌い」で選ぶべきではありませんが、自然なコミュニケーションがとれて何でも相談しやすい人のほうが仕事はしやすく、好結果も出やすいでしょう。

顧問バンクには経営顧問も多数!

「知識・経験が豊富な顧問」と「課題解決を図りたい企業」をインターネット上でマッチングする「顧問バンク」には、実に5,000名以上の人材が登録しています。保有するスキルも様々で、経営や事業推進に関するスキルを保有する顧問は2,600名以上にのぼります。経営の意思決定や事業戦略、資金調達、M&Aなどにも対応できるスキルを有する人材と出会えれば、企業の安定経営や発展に寄与してくれるでしょう。

一般的に顧問人材を探して契約を結ぶ場合、人材紹介会社を通じて紹介を受けることが多いでしょう。しかしこの場合、正式な契約を結ぶまでに期間を要し、「1日でも早く業務を遂行してほしい」といったニーズに対応できないケースがあります。

その点、顧問バンクはインターネット上で顧問候補者と面談可能。正式契約を結ぶまでのリードタイムを短縮できます。早い場合は2週間程度で契約を結ぶことも可能です。もし現在、経営顧問探しが急務であれば、まずは顧問バンクの活用をご検討ください。

   

御社の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧