CTO(最高技術責任者)とは?具体的な役割について解説 | 顧問バンク

コラム

CTO(最高技術責任者)とは?具体的な役割について解説

IT関連企業を中心に、CTOに注目が集まっています。CTOの主な役割は技術で会社の発展を支えることです。この記事では、CTOの概要と役割、CTOに求められる知識などを紹介しています。

CTOとは

CTOはChief Technology OfficerあるいはChief Technical Officerの略語で、日本語では最高技術責任者を意味します。社内でのポジションは技術部門の最高責任者です。したがって、技術部長などが担うケースが少なくありません。ITと深い関わりがあるため、IT関連企業で多く設けられている役職です。IT関連企業の場合、CIO(Chief Information Officer)を兼務することもあります。CIOは日本語で最高情報責任者を意味します。CIOの主な役割は、経営方針に従い情報システムを構築したり企業戦略を立案したりすることです。ちなみに、CTOはアメリカで誕生しました。日本の会社法に、CTOに関する取り決めはありません。

CTOの役割

CTOの主な役割は、技術面で会社の発展を支えることです。具体的には、企業戦略に沿って技術開発・研究開発の方向性を決定すること、技術開発・研究開発が適切に行えるように従業員を管理・監督することなどといえるでしょう。ただし、詳細な役割は企業で異なります。企業規模が小さいとエンジニアが不足しているため、以上の役割を担いつつCTOもエンジニアとして作業するケースがあります。中小企業では、プレイングマネージャー的な役割を担う傾向があるといえるでしょう。企業規模が大きくなるとエンジニアが充実しているため、CTOがエンジニアとして作業することは基本的にありません。また、CTOのポジションも、経営層に位置付けられることが多くなります。

CTOの主な業務内容

CTOはどのような業務を担っているのでしょうか。主な業務内容を紹介します。

技術に関する意思決定

CTOにとって最も重要な業務は、何かしらのプロジェクトに用いる技術を経営戦略に基づき選定することです。経営戦略を立案する経営層全員が、技術に関する専門的な知識を有しているわけではありません。したがって、CTOには、予算などを考慮しつつ、専門的な知識を生かして最適な技術を選定することが求められます。技術を選定するときは、技術チームがプロジェクトを適切に管理・運用できるように配慮しなければなりません。また、単に技術を選定するだけでなく、経営戦略ならびに採用する技術を技術チームに浸透させることも求められます。技術に関する以上の意思決定を行うことがCTOの主な業務です。

技術チームの監督

CTOは、技術チームの監督も行います。具体的には、目標に沿った技術スタッフのアサイン、技術チームの構築、ならびにプロジェクト進行状況の管理などを担います。目標達成のために人員が欠けている場合は、エンジニアの採用方針も決定することがあります。とはいえ、自らが先頭に立ち採用活動を行うことは基本的にありません。採用活動は人事部が中心となり行います。CTOは、人事部に採用したい人物像を伝えたり採用面接に面接官として参加したりすることになります。採用したい人物像は、自社に不足している技術力、既存チームスタッフのバランスなどを考慮して決定します。また、採用した人材を含めた、技術チームの教育もCTOの業務です。CTOは、企業が設定している目標などを踏まえて、技術チームのスキルアップを支援します。ひと言で技術チームの監督といっても、その役割は多岐にわたります。

最先端技術に関する情報収集と社内共有

CTOの主な業務は、プロジェクトに必要な技術を選定することです。したがって、最先端技術に関する情報収集と集めた情報の社内共有が欠かせません。情報の社内共有が必要になる理由は、技術を選定するときに経営層と共通のビジョンを描くためです。情報格差があると共通のビジョンを描けないため、スムーズに話し合いを行えません。いざというときにスムーズに話し合いを進めるため、日頃から集めた情報を社内共有しておく必要があるのです。また、情報共有がきっかけとなり、新しいアイデアが生まれることもあります。新しいアイデアを生み出す材料となる点も、情報を社内共有する理由といえるでしょう。

CTOに求められる知識・スキル

CTOには、さまざまな知識やスキルが求められます。代表的な知識・スキルは以下の通りです。

多方面の技術に関する知識・ノウハウ

CTOに欠かせないのが、技術に関する知識です。特に、小規模な企業はCTO自らがエンジニアとして作業に関わらなければならないケースがあるため、一定の知識が求められます。具体的な知識レベルは企業で異なりますが、プロダクトを自分で再構築できる知識や、アイデアのプロトタイプを自分で作れるレベルの知識は必要といわれています。ただし、エンジニアに必要な知識だけでは不十分です。CTOには、経営戦略に沿って技術を選定し利益を最大化することが求められます。したがって、どの技術をどのように運用すれば利益を最大化できるかといった知識・スキルも必要になります。エンジニアよりも求められる知識・スキルの幅は広いといえるでしょう。

技術チームをまとめる統率力

CTOには、優れた統率力も求められます。企業が設定した目標を達成するため、技術チームをまとめなければならないからです。技術チームをまとめるため欠かせないのが信頼関係の構築です。信頼関係は、コミュニケーションをとることで構築されます。CTOには、会社の経営方針をわかりやすく説明する、エンジニアの意見に耳を傾けるなどの能力が求められます。また、技術チームの目標を設定して、モチベーションを高める能力なども必要になるでしょう。CTOが統率力を発揮すると、各エンジニアが能力を発揮しやすくなります。

経営知識

CTOには、経営知識あるいは経営的な視点も欠かせません。技術を用いて利益を生み出すことを期待されているからです。例えば、既存の技術を異なる分野で用いて利益を生み出す知識や、既存の技術を応用して新サービスを生み出す視点などが求められます。単なるエンジニアとは位置づけが異なるため、経営知識・経営的な視点が必要になるのです。

混同しやすい用語

CTOとよく似た用語として、CEO、COOが挙げられます。CEO、COOとは、どのような役職なのでしょうか。

CEO

CEOはChief Executive Officerの略語です。日本語で最高経営責任者といいます。CEOの役割は経営事項に関する責任を負うことです。具体的には、経営方針や事業方針などに対して責任を負います。企業内での位置づけはナンバー1です。日本国内の企業では、会長や社長などがCEOに就いています。

COO

COOは、Chief Operations Officerの略語です。日本語で最高執行責任者といいます。COOの役割は、CEOが定めた経営方針や事業方針などを実現するため、ヒト・モノ・カネを動かし日々の業務を執行することです。企業内での位置づけは、CEOに次ぐナンバー2といえるでしょう。会長がCEO、社長がCOO、あるいは社長がCEO、副社長がCOOに就くケースが一般的です。COOについてはこちらをご覧ください。

CTOは技術部門の最高責任者

Chief Technology Officerを略してCTOといいます。日本語訳は最高技術責任者です。CTOの主な役割は、技術で会社の発展を支えることといえるでしょう。具体的には、何かしらの業務に用いる技術を経営戦略などに基づき選定したり、目標に沿って技術チームを組織したり、最先端技術に関する情報を社内で共有したりするなどの役割を担います。以上の役割を果たすため、技術に関する専門的な知識や経営的な視点、統率力が求められます。CTOを適切に活用すれば、技術力を活かして会社を発展させることが可能です。CTOの設置を検討している方は、顧問と企業のマッチングをサポートする顧問バンクで専門家を見つけてCTOについて相談してみてはいかがでしょうか。

   

御社の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧