CMO(最高マーケティング責任者)とは?具体的な役割について解説 | 顧問バンク

コラム

CMO(最高マーケティング責任者)とは?具体的な役割について解説

効果的なマーケティングを実施したい企業からCMOが注目を集めています。この記事では、CMOの概要と役割、主な業務などを解説しています。CMOについて理解を深めたい方は参考にしてください。

8,500名のプロ人材・顧問が登録するプラットフォーム「顧問バンク」。
マーケティング戦略に知見やノウハウのある人材、人脈を活用した営業活動の強化、社内の経営課題の解決に最適な人材に直接アプローチ!
→まずは、【公式】顧問バンクにアクセスしてPDFを無料でダウンロード

CMOとは

CMOは「Chief Marketing Officer」の頭文字をとった略語です。日本語で最高マーケティング責任者を意味します。COOやCFOと同じく、経営層に位置づけられる役職です。

基本的には、マーケティング領域からCEOとCOOをサポートする役職といえるでしょう。経営層の一員として、経営方針に基づくマーケティング戦略を部署横断的に実行できる点が特徴です。

CMOの役割

CMOの主な役割は、経営方針に基づき企業のブランディングやマーケティングの方向性を定めることです。以上の方針を各部門の活動に反映する役割も求められます。

具体的には、必要な人材の確保、流通チャネルやプロモーションに関する方針決定などを行います。また、マーケティング活動について経営層に説明することもCMOの重要な役割です。CMOの役割は多岐に渡るといえるでしょう。

日本ではまだ定着していない?

国内でCMOを任命している企業はそれほど多くありません。しかし、重要性は理解されつつあります。なぜならインターネットが普及したことなどで、マーケティングのあり方が大きく変化しているからです。

例えば、SNSが普及したことで顧客の共感を得るマーケティングが重視されるようになっています。以前よりもきめ細かなマーケティング戦略や部署を横断したマーケティング戦略を求められるようになったため、CMOに注目する国内企業が増えているのです。

今後は、CMOを任命する企業が増えると予想されます。

受注率が高い営業手法にはこんな手法もあります。
人脈を活用した「リファラル営業」についてはこちらをチェック!↓

CMOの主な業務内容

CMOの主な業務は次のとおりです。

【CMOの主な業務】

  • マーケティング施策の立案・意思決定
  • マーケティング部署の監督
  • マーケティングに関する情報収集と社内共有

各業務の概要について解説します。

マーケティング施策の立案・意思決定

CMOは、長期的なマーケティング方針の決定ならびに方針を実現するマーケティング戦略の立案・実行が求められます。決定内容をスタッフに浸透させることも、CMOの重要な業務です。

ここでいうスタッフは、全部署のスタッフを指します。マーケティング部署のスタッフだけを指すわけではありません。全部署のスタッフにマーケティングの方針を浸透させる理由は、企業単位で一貫したメッセージを発信することでブランドイメージなどが形成されるからです。

CMOには、部署横断的に業務を進めることが求められます。経営層にマーケティング方針ならびにマーケティング戦略を説明することも、CMOの業務です。経営層がこれらを理解することで、意思決定を適切に行えるようになります。

マーケティング部署の監督

部署横断的に業務を進めるCMOですが、基本的な位置づけはマーケティング部門の最高責任者です。したがって、マーケティング部署の監督も求められます。具体的な業務は、マーケティングの方針や戦略などに基づき、ヒト・モノ・カネをマネジメントして経営目標を達成することです。

例えば、マーケティングの精度を高めるためにデータ分析の専門家を採用する、マーケティング業務を効率化するためにマーケティングオートメーションを導入するなどが考えられます。経営目標を達成するために、マーケティング部署を監督することもCMOの業務です。

マーケティングに関する情報収集と社内共有

CMOには、マーケティング部署の強化や部署横断的な人材育成なども求められます。これらを行うために、マーケティングに関する情報収集と集めた情報の社内共有も欠かせません。

例えば、マーケティングツールや人材育成に関する情報の収集などが考えられます。集めた情報を基に、導入するツールを決定する、キャリアパスを整備するなどの意思決定もCMOの業務になります。

CMOに求められる知識・スキル

CMOに求められる主な知識とスキルは次のとおりです。

データ分析力

CMOに欠かせない知識・スキルとして、データ分析力が挙げられます。アクセス数やコンバージョン率、顧客単価などのさまざまなデータを基に、マーケティング戦略を立案しなければならないからです。

求められる能力は、データ分析の担当者と対等に話し合える程度といえるでしょう。実際の業務では、CMOではなく担当者がデータ分析を行うことになるからです。

複数部署をまとめる統率力

CMOは、高い統率力も求められます。マーケティング戦略を部署横断的に実行するためです。マーケティング部門の最高責任者としてマーケティングチームを組み立てるとともに、関連部署と有機的に連携することで企業のパフォーマンスを最大化します。

統率力が欠けていると、企業として一貫したメッセージを発信できません。したがって、パフォーマンスは低くなってしまいます。

ICT知識

CMOは、ICTの知識も欠かせません。顧客の生活や業務にICTが根付いているうえに、マーケティング活動にもICTが活用されているからです。

CMOがICTに精通していると、顧客の情報を効率よく収集できるほか、マーケティング戦略の実現に必要なツールを適切に選定できます。以前よりも重要性が増している知識・スキルといえるでしょう。

経営知識

CMOは経営知識も求められます。マーケティング領域における最高責任者として企業の意思決定に関わるからです。具体的には、経営の視点からマーケティング戦略を立案することや経営層にマーケティング戦略の有効性を説明することなどが求められます。

マーケティングに精通しているだけでは、不十分な場面が少なくありません。経営の観点からマーケティングを説明できる能力も求められます。

企業と顧問の次世代型マッチングプラットフォーム「顧問バンク」
課題解決に必要な「知見」と「人脈」を、8,500名のプロ人材・顧問に相談しましょう!
【公式】マンガでわかる!次世代型マッチングプラットフォーム「顧問バンク」↓

混同しやすい用語

CMOはCXO人材のひとつです。CMOと混同しやすいCXO人材としてCEO、COOが挙げられます。

CEO

CEOは「Chief Executive Officer」の略語で、最高経営責任者を意味します。日本語訳からわかる通り、経営に関する最終的な意思決定権ならびに責任を有しています。

主な役割は、長期的なビジョンに基づき会社の経営方針などを定めることです。CMOは、CEOが定めた経営方針などに基づき業務を執行します。

COO

COOは「Chief Operating Officer」の略語で、最高執行責任者を意味します。

主な役割は、CEOが定めた経営方針を各業務に落とし込むなど、毎日の業務執行の責任を負うことです。CMOはCOOをサポートする役割を担います。

半年で約3,500万の利益を出した方法とは?
人脈を活用した「新規開拓営業の方法論」についてはコチラをチェック!↓

CMOは高度なマーケティング戦略に欠かせない人材

CMOは、日本語で最高マーケティング責任者を意味します。主な役割は、長期的なマーケティングの方向性を定めるとともに現状に即したマーケティング戦略を立案することです。

具体的には、マーケティングに関する意思決定やマーケティング部署の監督などを行います。国内で任命している企業はそれほど多くありませんが、インターネットの普及などを受けてマーケティングのあり方が大きく変わったため注目を集めています。今後は任命する企業が増えるでしょう。

興味のある方は、企業と顧問のマッチングサイト・顧問バンクでマーケティングの専門家を見つけてみてはいかがでしょうか。

8,500名のプロ人材・顧問が登録するプラットフォーム「顧問バンク」。
マーケティング戦略に知見やノウハウのある人材、人脈を活用した営業活動の強化、社内の経営課題の解決に最適な人材に直接アプローチ!
→まずは、【公式】顧問バンクにアクセスしてPDFを無料でダウンロード

   

御社の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧