顧問にも企業にもメリットが?費用対効果の高いマッチング型のすゝめ | 顧問バンク

コラム

顧問にも企業にもメリットが?費用対効果の高いマッチング型のすゝめ

社内の経営課題に対して客観的な視点からアドバイスを受けたり、時には厳しい指摘をもらったりすることができる「顧問」は、企業の成長において非常に重要な役割を担う存在と言えます。そのため、優秀な顧問を採用するために顧問紹介サービスを検討している企業も多いのではないでしょうか? 「新しい事業で顧問を頼りたい」「既存事業の顧問契約を見直したい」という局面で頭を悩ませている経営者の方も少なくないと思いますが、近年では「退職後のシニア世代の顧問希望者の増加」「働き方改革の推進やダブルワークの解禁」などの社会的要因も相まって、顧問という働き方への注目度が高まって います。

優秀な人材を顧問としての働き方を目指しやすい状況なだけに、顧問紹介サービスを上手に利用して的確なアサインを実現したいところですね。

本記事では、主要な顧問サービスであるコンサルティング型やマッチング型の比較をベースに、企業にとって最適な顧問選びの方法をご提案します。

  • 主要な顧問サービスはコンサルティングorマッチング
  • コンサルティング型のメリット・デメリット
  • マッチング型のメリット・デメリット
  • 顧問の案件採用がおすすめな理由
  • 費用対効果重視で顧問を「採用」できる時代

顧問サービスはコンサルティングorマッチング

顧問紹介サービスは大きく分けて「コンサルティング型」と「マッチング型」の2種類に分かれます。コンサルティング型は仲介企業(コンサルタント)を通して顧問契約に至るスタイルで、マッチング型はプラットフォーム上で企業と顧問がそれぞれの要件に基づき適切なパートナーを選ぶスタイルです。これまではコンサルティング型が一般的な顧問サービスの形でしたが、近年ではマッチング型サービスの台頭が目立ちます。

●コンサルティング型の特徴

コンサルティング型は、人材紹介業者と同じ原理で「企業A社」に「顧問B氏」を紹介または派遣し、雇用契約締結までを請け負う紹介サービスです。派遣業の場合は、顧問の退任や次の派遣先の選定までサポートします。基本的には、紹介・派遣が成立した段階で紹介料や仲介手数料などのフィーが発生します。

●マッチング型の特徴

マッチング型は、近年ではさまざまな業種で採用されているプラットフォーム型の紹介サービスです。そのため、「企業A社」がプラットフォームに登録することで、同じく登録している「顧問B氏」「顧問C氏」「顧問D氏」ら複数の人材と繋がりを持てます。ダブルワークやフリーランスの需要増加に伴い、登録会員同士(企業、顧問の双方)であれば自由にコンタクトを取れるマッチングビジネスへの注目度が高まっています。

コンサルティング型顧問サービスのメリット・デメリット

コンサルティング型は、企業の要望に沿った顧問を仲介業者がピックアップし、その中から企業が最終候補を選定します。仲介業者はプロの人材コンサルタントであり、豊富な経験と実績をベースに企業と顧問の巡り合わせを創出します。コンサルティング型顧問サービスのメリット・デメリットは以下の通りです。

●メリット

・自ら時間と労力をかけて顧問を探す手間がない
・雇用契約や契約内容に関して仲介業者の立ち合いがある
・大手の人材紹介業者運営が多く人材の幅が広い

●デメリット

・3者間契約のため、成果にかかわらず仲介手数料が発生する(月額利用料と別)
・ コンサルに企業側の意図が伝わっていない場合、ミスマッチが起こり得る
・間にコンサルを挟むため、顧問選定から契約までに多少時間がかかる

まとめ:時間・労力をかけずに顧問を探したい場合はコンサル型がおすすめ。その分手数料はかかる。

マッチング型顧問サービスのメリット・デメリット

マッチング型顧問紹介サービスの特徴は、企業の視点で自社に適した顧問を探せる点です。業種・経歴などを参考に希望に合う条件から最適な人材をソートして探せるので、仲介業者に頼ることなく顧問を探したいという企業にはおすすめの手法です。マッチング型顧問サービスのメリット・デメリットは以下になります。

●メリット

・プロフィールをもとに企業が求める顧問を自ら探せる(顧問サービスにより検索の深度は異なる)
・複数の顧問と同時にマッチングできる
・契約前に顧問とコミュニケーションが取れるのでミスマッチが少ない
・企業と仲介会社、企業と顧問の2者間契約なので仲介手数料がない(または月額料金に含まれる)
・2者間契約のためトラブルが少なく、顧問選定から契約までの流れがスムーズ

●デメリット

・顧問選定から契約まですべて自ら行うのが手間となり得る
・仲介業者がいないので、企業と顧問の間で問題が発生した場合に仲介業者の介入サポートがない

まとめ:自分で探せるのでミスマッチが起こりにくく、仲介手数料がない分お得に利用できる

顧問の「案件採用」がおすすめの理由

旧来までの顧問は企業の社長や会長が退任後に就くポジションであり、高額報酬が必要になるというイメージがありました。そのため成果が出ていないにもかかわらず、コストだけがかかる事態に陥っていた企業もあるでしょう。費用対効果、いわゆる「コスパ」が重要視される現在、特におすすめなのが顧問の「案件採用」という方法です。

「案件採用」とは、一つの事業や案件ごとに顧問を採用するやり方のこと。定額報酬で長期雇用が常識だった以前の顧問「雇用」ではなく、一つの案件ごとに「採用」する形なら「期間で契約」を結ぶ必要がありません。つまり、成果が出ていないのに高い費用をかけて長期間にわたり顧問を雇用する必要がないのです。

つまり、企業にとっては顧問を「雇用」するのではなく、必要な時に必要な人材を「採用」する形になります。成果が上げられなければ次の契約はないので、顧問も必死で働きます。長期間の雇用が保証されている顧問より、費用対効果はおのずと高くなります。

さらに退職後のシニア世代やダブルワーク、フリーランスとして顧問採用を目指す方々にとっても、長期間の拘束がなく成果報酬で評価される契約体系はフレキシブルだと言えるでしょう。顧問として働く側にとっても、非常にメリットが多い話なのです。

費用対効果重視で顧問を「採用」できる時代

これまで主流だったコンサルティング型は、顧問の選定から契約内容まで仲介業者が立ち会う3者間契約となり、最初から最後まですべて任せられるのがメリットです。しかし、高額な仲介手数料や費用対効果を考慮した結果、顧問利用に踏み切れない――という企業が多いのが実情でしょう。

その点、マッチング型の顧問紹介サービスの場合は仲介手数料が発生しない(または割合が少ない)ので、予算が少ない案件でも利用しやすいサービスとして注目されています。また、仲介手数料がかからないので、企業の顧問利用のハードルは下がり、同時に顧問の収入アップが見込めます。企業と顧問間の契約となるため、中間マージンを取られることなく予算を顧問に投資することが可能です。

顧問にとって報酬面や条件面でよりメリットがあるため、マッチング型顧問サービスへの登録希望者が増加中です。顧問にとっても“よりおいしい”メリットが大きい働き方にシフトするのは、当然の流れと言えるでしょう。仲介業者を通さず、企業と顧問が互いにフレキシブルに採用・活躍ができるのがマッチング型顧問紹介サービスの最大の強みです。これからは、顧問は「定額報酬で長期雇用」から「成果報酬で案件採用」に。そして、費用対効果重視で顧問を「採用」できる時代に変遷していくでしょう。

   

御社の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧