オフラインマーケティングとは?成功のためのポイントや施策立案方法 | 顧問バンク

コラム

オフラインマーケティングとは?成功のためのポイントや施策立案方法

自社の商品やサービスを効率良く売るには、ターゲットとなる市場の規模やニーズを把握し、どのようなアプローチが効果的かを分析するプロセスが欠かせません。そして、市場調査の結果に基づき、認知拡大や購買につなげる施策を立案することが重要です。このように、商品が顧客に選ばれるまでの道筋を整えるアプローチを「マーケティング」と言います。

マーケティングの手法には様々なものがありますが、広告媒体の違いで大きく「オンラインマーケティング」と「オフラインマーケティング」の2つに分類できます。今回の記事では、オフラインマーケティングとは何なのか、オフラインマーケティングを成功させるためのポイントや施策の一例などをご紹介します。

オフラインマーケティングとは?Webマーケティングにはないメリット

「オフラインマーケティング」とはその名の通り、オンライン(インターネット)の環境を活用せずに行うマーケティング手法全般を指します。テレビやラジオのCM、ダイレクトメール、電話(テレアポ)などが代表的な事例として挙げられます。

インターネット上で情報を公開する「オンラインマーケティング」は不特定多数のユーザーにアプローチでき、ユーザー間の拡散により高い宣伝効果が期待できるのが魅力です。しかし、サイトへ訪問するユーザー数を確保することは決して容易ではありません。

一方、ダイレクトメールやテレアポなどのオフラインマーケティングであれば、数は限られるものの確実にユーザーのもとへ情報を届けられるため、地道な活動によってマーケティング効果を着実に上げていくことが可能です。また、テレアポなど人と人が直接会話する手法を取り入れると、見込み顧客の状況に合わせて臨機応変に対応できるため、最適なプランを提案しやすい点もメリットと言えます。

オフラインマーケティングを成功させるポイント

オンラインマーケティングとオフラインマーケティングは、それぞれ期待できる効果が異なります。そのため最近では、ダイレクトメールやチラシなどのオフライン施策と、アプリやSNSなどのオンライン施策を組み合わせて効果を最大化する「オンラインtoオフライン」または「オフラインtoオンライン」のマーケティング手法がメインになりつつあります。この手法は「O2O施策」とも呼ばれています。

テレビやラジオのCMは時間も限られており、伝えたい情報が十分伝わらないもの。またチラシなどで顧客との接点を作れたとしても、欲しいと思った瞬間に購入できるわけではありません。そこで、「◯◯で検索」といったようにWebサイトへの誘導を促し、自社のサイトで情報を知ってもらう(購入してもらう)という工夫をしている企業も多いです。チラシやダイレクトメールに二次元バーコードを記載するやり方もその取り組みのひとつと言えます。

このように、オフラインマーケティングを成功させるポイントとしては、オフラインの情報で完結させず、オンラインへ誘導することが重要となります。また、オフラインマーケティングは多くのユーザーにとって「入り口」になるため、インパクトがあり興味を惹く内容で構成することも求められます。

オフラインマーケティング施策一覧

オフラインマーケティングにはどのような方法があるのか、いくつかの施策について具体的に紹介しましょう。

ダイレクトメール

対象となるユーザーに郵送などで送付するダイレクトメール(DM)は、現在でも一般的なオフラインマーケティング施策のひとつです。手にとって読んでもらうための工夫には、クーポンや割引券、引換券といった実際に来店や注文してもらうことで利用できる特典を添付する方法などがあります。

テレアポ(電話営業)

不特定多数のユーザーに電話をかけ、営業をするのもオフラインマーケティングの代表的な方法のひとつです。過去または現在取引のある顧客、BtoBなら企業の担当者などへ電話をかけ、見込みのある顧客がいればメールでURLを送付、場合によっては営業が直接顧客先へ訪問します。電話で即決してもらうというよりも、営業の足がかりを作れるために使われることの多い手法です。

セミナー

確度の高い見込み客を取り込むためのオフラインマーケティング手法としては、セミナーの開催も効果的です。業界の最新動向など有益な情報を発信することで感度の高い見込み顧客が来場し、対面でコミュニケーションを図りながら販促・営業活動ができます。多くの来場者が訪れるため全員とコミュニケーションが取れないことも多いですが、パンフレットなどを持ち帰ってもらい、自社のホームページに誘導することによって営業の機会は増加すると期待できます。

オフラインマーケティング施策は販売戦略全体を見据えて立案を

マーケティングにおいてはWebでのコミュニケーションが重視されがちですが、より効果を高めるにはオフラインマーケティングで顧客と接点を作ることも重要です。マーケティングの効果を最大限に引き上げるため、マーケティング戦略全体を考慮してオフライン施策を立案しましょう。

もし自社にマーケティング戦略を俯瞰できる人材がいない、オフラインマーケティングに関する知見やノウハウがないという場合は、社外の人材に相談することも有効な手段です。

次世代型マッチングサービス「顧問バンク」には、マーケティングに関して豊富な実績を持つ人材が2,500名以上登録しています。契約内容は顧問個人と直接交渉で決められるので、市場調査や新サービスの企画、データ分析など、様々な分野で顧問の知識を活かすことができるでしょう。ぜひご利用をご検討ください。

●●の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧