海外進出支援・コンサルティングの業務内容や流れについて | 顧問バンク

コラム

海外進出支援・コンサルティングの業務内容や流れについて

政府の後押しもあり、近年では日本企業の海外進出が活発化しています。企業発展の次のステップとして、海外進出を目標にしている企業も多いのではないでしょうか。しかし、海外進出といってもその経験やノウハウがない状態から進めることは非常に難しく、成功の可能性も低くなってしまいます。

そこで検討しておきたいのが、海外進出支援サービスやコンサルティングの活用です。ここでは、海外進出支援サービス・コンサルティングの役割や海外進出までの流れ、また顧問契約を結ぶメリットについてお伝えしていきます。

海外進出支援とは何をするのか?

まずは、海外進出支援サービスについてその役割や種類ごとの特徴をご紹介していきます。

海外進出支援サービスの役割

海外進出支援サービスは、その名の通り企業が海外進出を行う際の業務全般をサポートするサービスです。戦略立案・方針策定から進出後の事業展開・運用など、様々な支援を受けることができます。海外進出に関して経験やノウハウがない場合は、コンサルタントと契約することでスムーズかつ確実にプロジェクトを進めることができるでしょう。

契約するコンサルタントにもよりますが、海外進出支援コンサルタントが行う主な業務には以下のようなものがあります。

・進出予定国の市場や業界のリサーチ
・法務や規制の調査
・消費者調査
・事業戦略などの策定
・現地での交渉サポート
・パートナー企業の選定
・現地での営業支援

海外進出支援の種類ごとの特徴

海外進出支援・コンサルティングは、大きく以下の4つに分類することができます。

・事業やマーケティングの海外進出支援

主に現地の市場や競合調査、市場戦略の立案、現地企業とのパートナーシップ戦略の立案などを行います。最近では、越境ECやインバウンドの市場拡大に伴って、WEB集客を行うWEBマーケティング系のコンサルタントも増えています。

・税務や会計の海外進出支援

国が違えば会計制度も異なるため、現地に合わせた対応を行う必要があります。決算業務や税務申告の支援、国際会計基準の対応、現地法人の経営管理などが主な業務です。

・投資やM&Aの海外進出支援

海外進出の方法の一つが、海外で同一事業を行っている企業の買収です。海外進出支援サービス・コンサルティングでは、そのための投資やM&Aに関する支援も行ってくれます。すでにノウハウが確立された現地の企業を買収することで、事業スピードを加速させることも不可能ではありません。

・特定地域への海外進出支援

最近では、企業がタイやベトナムなど新興国を中心に現地のオフィスを構えたり、強力なパートナーを有していたりすることも多くあります。それらを活用し、現地の法制度、市場調査、マーケット支援、キーパーソンの紹介など、あらゆる方面で当該国への海外進出を支援してくれます。

企業が海外進出するまでの流れ

海外進出を目指すにあたっては、ただ闇雲に動いていてもうまくいきません。以下で紹介する「海外進出するまでの流れ」をきちんと把握することで、効率的な進出が可能になるでしょう。

1.進出計画の策定

なぜ海外進出を考えているのか、きっかけや目的を明確にしたうえでアプローチを考えていきましょう。海外進出は手段であり、目標ではないことを忘れてはいけません。海外進出の目標を明確にしたら、売上や投資回収の目途や人材・資金確保の方法など、具体的な進出計画案を考えていきます。

2.国内での予備調査

進出予定国に関して、国内で調べられる情報をできるだけ細かく調査します。人口動態や購入者層はもちろん、外資や輸入に関する規制などを正確に把握することで後々のトラブルを回避しやすくなります。進出計画案がまとまっている場合は、予備調査を終えた段階でプランの検証を行っておくとよいでしょう。

3.現地調査

実際に現地へ行き、マーケットの状況などを直接確認します。現地の展示会に参加し、取り扱う製品やサービスの需要を探るのも重要なリサーチです。この現地調査の結果がビジネスパートナー候補の選定につながることもあります。

4.意思決定

リサーチを十分に行ったら、進出計画案の評価・修正や進出の意志決定を行います。計画の変更がある場合は「進出計画の策定」へ戻ります。

5.進出決定

進出を決定した後はプロジェクトチームを発足させ、詳細な実行計画の策定し、現地の拠点設立を行っていきます。

海外進出の際に顧問を使うメリット

ここでは、海外進出を行う際に顧問を契約するメリットをご紹介します。

・専門的な知識を得られる

文化・風土から法律、企業のあり方まで、あらゆる点が異なる土地に進出をするのであれば、それ相応の知識やノウハウが必要となります。そうした専門的な部分を補うことができるのは大きなメリットと言えます。

・現地でのコネクションを得やすい

現地のパートナー企業を紹介してもらえることもあるため、一からパートナーを探し交渉を行うよりも効率的にコネクションを確立することができます。

顧問バンクでは、専門家が海外進出をお手伝い

確実な海外進出を考えているのであれば、海外進出支援コンサルタントとの契約を結ぶことは大きなメリットになるでしょう。しかし、あらゆるWEBサイトを検索し、企業にマッチした海外進出支援サービスやコンサルタントを一から見つけるのはかなり手間がかる作業です。「そんな時間はない」という方も多いでしょう。

マッチング型の顧問紹介サービス「顧問バンク」は、登録されているコンサルタントの中から、「顧問検索」機能でお望みの人材を素早く探し出すことができます。また、会社を登録してコンサルタントの募集をかけることも可能です。

「適した人材がいない」という理由で、海外進出プロジェクトが何年も停滞してしまうというケースは実際にあります。海外進出をスムーズかつ確実に成功させたいなら、コンサルタントとのマッチングに顧問バンクを利用してみてはいかがでしょうか。

●●の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧