ハイクラス求人や即戦力を求める企業に「顧問採用」をすすめる理由 | 顧問バンク

コラム

ハイクラス求人や即戦力を求める企業に「顧問採用」をすすめる理由

近年ますます少子高齢化が進み、労働者数の減少に対する懸念が強まっている日本。現時点ですでに、人材確保が急務となっている企業も増えています。総務省の調査によると、2008年をピークに日本の労働人口は徐々に減少の一途をたどっており、業界・業種を問わず「思うように人材を確保できない」と頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?

本記事では、即戦力となる人材採用を考えている企業、経営者の方々に向けて、これまでになかった新しい人材採用について解説していきます。

  • 即戦力人材とはどんな人?企業が求める人材とは
  • 雇用体系の多様化で即戦力採用も変わる
  • 即戦力に「顧問」という選択肢
  • まとめ

即戦力人材とはどんな人?企業が求める人材とは

「即戦力人材」「ハイクラス求人」「エグゼクティブ採用」――。人材紹介の場でこのような単語が使われるようになった頃から、エージェントを通したヘッドハンティング型の採用が主流になり、自らのスキルアップや収入アップを目指すビジネスパーソンの転職市場は飛躍的に拡大しました。

終身雇用が当たり前だった時代と違い、現在は一からお金と時間をかけて新人を採用・教育したからといって、そこから何十年も活躍してくれるとは限りません。

エージェントを活用してハイクラスな人材を確保できたとしても、ミスマッチのリスクはあります。また、優秀な人材ほど一つの会社にこだわらず転職する傾向があることも無視できません。

働き方の多様化が進む昨今、優秀な人材を確保して長年勤めてもらうことは、企業の発展に不可欠であると同時に大きな課題でもあります。

人材確保に悩める企業・経営者に「必要な人材」とは?

「即戦力人材」「ハイクラス求人」「エグゼクティブ採用」といった求人サービスを利用する企業には、経営課題の解決や新規事業立ち上げといった高度なミッションを実現したいというニーズがあります。こうしたサービスの利用を考えているなら、人材に求めたい実績や能力、パーソナリティも明確になっているでしょう。

ハイクラス・エグゼクティブ人材に求める要素は企業によって異なりますが、代表的なものとしては一事業のトップとしてスタッフを動かせる指導力やコミュニケーション能力、露見しているトラブルを効率よく最小コストで解消する問題解決能力、将来的な事業化を見据えてリスクを確実につぶす問題発見能力、周囲の状況を踏まえて迅速かつ間違いない決定を下す判断力などが挙げられます。

さらに社会性の高さや積極的に行動できる主体性、そして、それらに説得力を持たせる経歴や実績が必要です。

採用面接時に聞く「御社の即戦力になるべく、努力します」といったよくある自己アピールも、実績が伴っていないと説得力がありません。企業にとっては、「ピンポイントでこの経歴と実績を持つこの人がいい」と思える人材が必要です。

雇用形態の多様化で、即戦力採用も変わる

近年では副業やダブルワーク、フリーランスといった働き方の多様化が目立っていますが、この流れは人事採用・転職市場にも連動しています。採用する人材の雇用形態が多様化し、「正社員」「派遣社員」「フリーランス(業務委託)」「アルバイト」などを求職者側が自由に選択できるようになっているからです。

「即戦力人材」を正社員などの常勤雇用に限定して求めず、雇用形態をフレキシブルにしていくことで選択肢が広がり、より幅広い層からの人材確保が可能になります。

一つの会社にこだわらない働き方を求めるビジネスパーソンは、今後もさらに増加していくでしょう。

即戦力採用に「顧問」という選択肢

企業が求める資質、経歴、実績がすべて揃っていて、なおかつ現役の人材となると、やはりハイクラスな転職エージェントを利用して正社員として採用する企業が多いと思います。しかしもう一つ、即戦力を自社に加える選択肢として「顧問採用」という手段があります。

超高齢化社会である日本において今後も増加し続けるシニア層、あるいはフリーランス・ダブルワークという働き方で自身の専門知識・スキルを活かしたい30代・40代・50代の中で、今、「顧問」という働き方を選ぶケースが増えています。そしてそれに伴い、成果責任を伴った報酬契約を通して企業と求職者を結ぶ顧問紹介サービスも増加しています。

ここで言う「顧問」は、旧来の堅苦しく、役割が不明瞭ながら高額な固定報酬が発生する「社長・会長を退任した後のポスト」としての顧問とは大きく異なります。

現在、顧問業を希望している方々の多くは、定年退職したベテラン・シニア世代から30代の若い世代までを含む、各業界で専門性を追求してきた一般的なビジネスパーソンです。そんな身近にいる経験豊富なビジネスパーソンを顧問として採用すれば、知見やスキルを自社の課題解決に役立てることができます。

現在の顧問契約の多くは、雇用形態も期間も報酬もフレキシブルです。特定の課題・ミッションへの取り組みに対して報酬を支払う形なので、「ピンポイントで必要な力を借りる」といった非常にコスパの高い活かし方が可能です。

顧問紹介サービスが活用できるシーンの事例

「M&Aを考えているので、相性の良い外部企業を紹介してほしい」
「社内人事制度構築のアドバイザリーを依頼したい」
「特定企業の重役とのアポイント設定と関係構築を支援してほしい」

このように企業としての具体的な目的がある場合や「実現可能だが社内の人員だけだと何かが足りない」という案件・プロジェクトがある場合は、企業に対して顧問となる人材を紹介するサービスの活用がおすすめです。こうした顧問紹介サービスを使えば、それぞれの目的・プロジェクトごとに最適な知見・スキルを持った顧問をアサインし、成果や期間などに応じて報酬を支払うという方法が可能になります。

つまり、長期雇用・常勤雇用でなくてもハイレベルな即戦力人材は採用できるということ。顧問採用なら長期・常勤の雇用で発生するはずの人件費を削減でき、期間やミッションを限定して目的達成に注力することができます。

まとめ

本記事では、顧問紹介サービスのメリットについて解説しました。企業として、具体的に「やってほしいミッション」や「任せたいプロジェクト・費用・期間・求める人材定義」が明確ならば、ピンポイントにハイレベル人材を活用できる顧問紹介サービスを検討してみてはいかがでしょうか?

インターネット上で企業と顧問をつなげるマッチング型の顧問紹介サービス「顧問バンク」には、各分野で経験とスペシャリティを培った顧問人材が多数在籍しています。物流顧問、法務顧問、人事顧問、技術顧問、海外進出支援顧問など、自社のニーズに合った人材が見つかるでしょう。プロフィールはタイムリーに更新されており、すべての顧問に直接アプローチが可能なので、スムーズに契約まで進められます。「退職後も世の中の役に立ちたい」「独立したがまた企業間のビジネスに携わりたい」「自分の経験をフルに活かして業績を上げたい」などの熱い想いを持った顧問人材が、貴社の力になってくれるはずです。

●●の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧