アポイントの代行とは?委託するメリット・デメリットを解説 | 顧問バンク

コラム

アポイントの代行とは?委託するメリット・デメリットを解説

アポイント業務が会社の負担になっている場合は、代行会社に依頼するのがおすすめです。アポイント代行のメリットやデメリット、成功させるためにおさえておきたいポイントを解説します。

アポイント代行とは

アポイント代行とは、自社の商談のアポイント獲得などを代行してもらえるサービスです。事業を安定させたり、拡大させたりするためには常に新規顧客の開拓に取り組んでいかなければなりません。そのためにテレアポ業務に力を入れている企業も多いでしょう。しかし、思うように成果が出ていなかったり、その他の業務に追われて適切なアポイント獲得のためのテレアポができていなかったりする企業もあるはずです。
専門的な知識、技術を持った外部に代行という形でアポイント業務を依頼すれば、質の高いアポイントの獲得につながることも期待できます。効率的にアポイントを獲得したいと考えている企業はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

アポイント代行のメリット

自社でテレアポを行うのではなく、アポイント代行を活用することによってどのようなメリットが得られるのでしょうか。3つご紹介します。

アポイント以外の業務に集中できる

アポイント代行を利用すれば、自分が行わなければならないその他の業務に集中できます。特に忙しく働いている営業担当者の場合、日常の営業活動に加えてテレアポ業務を行うことになると非常に大変です。忙しい中で思わぬミスが発生してしまう可能性もあります。そのため、自分の業務に集中できるようになるのは大きなメリットだといえるでしょう。

プロのノウハウを活用できる

アポイント代行を担当するのは、テレアポのプロです。そのため、アポイント代行を利用することによって普段なかなか商談ができないような見込客でも、アポイントを獲得できる可能性が出てきます。
特に、新規顧客の獲得がうまくいかない場合や、テレアポの成功率が低いと感じているような場合にプロに依頼することを検討してみてはいかがでしょうか。テレアポのスキルは簡単に身につくものではないため、自社でテレアポのスペシャリストを育てるよりもプロの力を借りたほうが、効率が良くなることも期待できるでしょう。

人件費コストの抑制

アポイント代行に依頼するとコストがかかるイメージを持っている方もいるようですが、コストの抑制につながる場合もあります。一般的に自社でテレアポのスタッフを育てるためには、研修を行わなければならないので、研修費用がかかります。更に人件費のほか、使用するパソコンや電話機、電話料金などについても考えなければなりません。
代行業者に依頼をすれば業者に対して費用は発生しますが、人件費などを抑えられるので、結果的に安く済むこともあります。費用面を重視している方は、代行にかかる費用や期待できる成果、自社で行う場合の人件費などについて確認したうえで代行の利用について検討してみてはいかがでしょうか。

アポイント代行のデメリット

アポイント代行を利用するにあたり、どのようなデメリットがあるのかについてもおさえておきましょう。代表的なデメリットは以下の3点です。

コストが割高になる可能性がある

メリットの項目でコスト削減につながることがあるとご紹介しましたが、必ずしもコストが安くなるとは限りません。場合によっては自社の社員でテレアポを行うのに比べて高くついてしまうこともあるでしょう。
アポイント代行会社によってどのような形で費用が発生するかは異なりますが、商談が獲得できなくても「1件電話するごとに=○円」という形で料金が発生する会社があります。相手はテレアポのプロではありますが100%商談が獲得できるとは限りません。具体的なコストシミュレーションを行っておきましょう。

代行会社ごとに能力差や得意分野が異なる

どのアポイント代行会社を選択するのかによって期待できる結果が異なります。各会社で能力や得意分野が異なるため、事前に確認が必要です。中には、ターゲットとは異なる企業のアポイントを獲得し、商談の獲得数を稼ぐような会社もあるとされています。
これまでの実績などについてもよく確認したうえで信頼できるアポイント代行会社を選択しましょう。

既存社員のモチベーション低下

自社の社員がテレアポを行っていた場合、それを代行会社に依頼することによって既存社員のモチベーション低下につながってしまう恐れがあります。これまで行っていた業務を社外に代行することで、「自分たちの業務に不満があったんだ」と思われてしまう可能性があるからです。
従業員がテレアポ業務に負担やストレスを感じていたようなケースでは、こういった事態につながる恐れは低いでしょう。ですが、テレアポ業務にやりがいを感じているような従業員がいる場合、慎重にならなければなりません。突然切り替えるのではなく、事前に社内通知を出すなど工夫しましょう。

アポイント代行を成功させるポイント

アポイント代行を成功させるためには、いくつかおさえておきたいポイントがあります。以下に注目してみてください。

料金体系

注意して確認しておかなければならないのが、料金面に関することです。一般的に料金形態には、コールした件数によって費用がかかるコール課金型、アポイントが取得できた件数に応じて費用がかかる成果報酬型の2種類があります。
成果報酬型であれば成果が保証されていますが、中には確度の低いアポイント獲得で成果をあげている会社もあるので注意が必要です。
また、コール課金型の場合は必ずしもコストが成果に結びつくわけではないので、どちらを選択する場合も費用対効果について慎重に確認しなければなりません。

ターゲットリストの有無

アポイント代行会社の中には、ターゲットリストを提供してくれるところがあります。ターゲットリストの有無や質、利用するのにかかる料金は代行会社によって異なるため、確認しておきましょう。
ターゲットリストがない代行会社に依頼する場合は、自社で用意する手間やコストがかかります。

実績

過去の実績は慎重に確認しておいたほうが安心です。特に、自社と似た業種でどの程度の実績があるのか確認しておきましょう。
ほとんど成果が出せていないような会社や、アポイントの獲得件数が多くても質が低いと感じるような会社は注意しなければなりません。
実績がない会社の中には、他社に比べて格安でサービスを提供しているところもあります。ですが、結果的にアポイントが獲得できないようであれば成果につながらないため、注意が必要です。

得意分野

アポイント代行会社によって得意としている業界・業種が異なります。そのため、自社の業界・業種を得意としているアポイント代行会社を選択することが重要です。新規顧客獲得につながる大切な業務を依頼することになるので、複数の代行会社を比較しながら最も自社業界・業種のアポイント代行を得意としている代行会社を探してみてください。

アポイント代行はうまく活用できるかが重要

社内で行っているアポイント獲得がうまくいっていない場合、アポイント代行会社に依頼することによってより新規顧客獲得数が増えることが期待できます。しかし、アポイント代行を成功させるためには慎重に会社選びをしなければなりませんし、自社の業種を得意としている会社を選択することも重要です。
また、外部にアポイント代行を依頼すればそれだけで必ずしも新規顧客の獲得につながるとは限らないので、慎重にアポイント代行の導入を検討する必要があります。効果の測定やコストのシミュレーションなども行いながら検討していきましょう。

   

御社の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧