税務顧問とは?契約料金やメリット、選ぶポイントについてご紹介 | 顧問バンク

コラム

税務顧問とは?契約料金やメリット、選ぶポイントについてご紹介

経営者は日々、さまざまな経営課題に直面しますが、その中でもきちんとした知識がないと対応が難しいのが税務関連です。例えば、「効果的な節税の方法が知りたい」「税務署対応をしてくれる代理人が欲しい」など税務業務における最適解を見出せていない経営者もいるでしょう。そんな税務に関する対応に悩む企業の一助となる存在が「税務顧問」です。

本記事では、節税対策や税務処理に悩む企業様に向けて税務顧問の特徴について紹介。契約料金やメリット、選ぶポイントについて解説します。

税務顧問とは?業務内容や役割について

税務顧問とは多くの場合、企業の経理状況を把握し、節税や税務に関するアドバイスや年間での税務署への代理対応を行います。税対策は経営課題の改善にも大きく関連するため、税務顧問の業務内容は多岐にわたります。企業によって求める対応内容は異なりますが、代表的な業務としては以下が挙げられます。

・税務代理
・節税対策
・税務相談
・経理指導
・記帳代行
・税務申告
・給与計算

税務顧問の業務の中で最も重要なのは税務代理です。確定申告等の税金に関係する各種申告を代行します。その他、税務調査の立ち合いや、税務署に対する不服申し立てなどの役割も果たしてくれるため、経営者の代理人としての機能を大いに果たしてくれます。

また、経理・税務への提案や代行をするだけでなく、決算対策などの相談に乗るのも税務顧問の役割です。目前にある課題を解決するだけではなく、将来的な資金繰り、経理システムや給与体系の見直しを行うことが求められます。

税務顧問がいない中小企業の場合は、税務顧問がいることで取引先や金融機関などからの自社の財務に対する印象が良くなるので、企業の対外的な信用の向上も期待できます。

税務顧問の契約料金の相場とは?

経営課題をサポートし、多方面で活躍する税務顧問ですが、気になるのは顧問料金でしょう。契約の際に料金でトラブルにならないためにも、事前に契約料金の相場については知っておきたいところです。以下の表で税務顧問の契約料金の一例を紹介します。

会社の年間売上 顧問料(月額)
毎月 3カ月に1回 半年に1回
1,000万円未満 25,000円~ 20,000円~ 15,000円~
1,000万円~3,000万円 30,000円~ 25,000円~ 20,000円~
3,000万円~5,000万円 35,000円~ 30,000円~ 25,000円~
5,000万円~1億 40,000円~ 35,000円~ 30,000円~
1億~5億 60,000円~ 50,000円~ 40,000円~

注目したいのは、会社の年間売上や会社への訪問頻度によって、契約料金が異なる点です。年間売上が多い会社であれば、それだけ仕事量も増えるため、料金も高くなります。

また、税務代行以外に記帳代行を依頼する場合には、別途5,000~10,000円の料金が発生するため、事前にどの範囲の作業を依頼するかは的を絞っておくことが先決です。

税務顧問を選ぶポイントとメリットについて

税務顧問を選ぶポイント

税務顧問を選ぶ際は、これまでの実績や経験をしっかりチェックしておくことが重要です。また、実際に顧問候補と面談する際は、自社にマッチする人柄かどうかもしっかり確認しておきましょう。

また、面談の際には、どの程度業務を請け負ってくれるか明確にすることも大切です。一般的な税務代行はもちろん、決算対策を請け負ってくれるか、経営相談にのってくれるかなど、採用基準や相談事項をはっきりさせてから面談に臨みましょう。

税務顧問を選ぶメリット

税務顧問を選ぶメリットとして大きいのが、節税対策のアドバイスがもらえる点です。会社は、法人税・事業税・消費税など多額の税金が発生しますが、税務顧問の働きで適切な節税対策ができれば、経営の一助となります。制度を熟知している税務顧問に各種制度の活用方法や、払い過ぎている税金について指導してもらうことが可能です。

その他に、税務顧問は税務処理をするだけでなく、経営者の相談に乗り、資金調達のアドバイスをする側面も持っています。金融機関に提出する書類の作成や金融機関の担当者との面談同行なども税務顧問の業務内容に含まれるため、資金調達面において大きな助けとなることが期待されます。

「顧問バンク」には、税務に詳しい顧問が数多く登録しています

マッチング型の顧問紹介サービス「顧問バンク」では、経営や事業運営での税務顧問を担ってきた経験豊富な人材が数多く登録しています。「顧問バンク」では常に最新の顧問情報が掲載されているので、企業が相談したい内容について実績がある希望の人材を簡単に検索できます。

また、会社側が相談したい業務内容を記載した「案件票」を作成すれば、複数の顧問候補者にアプローチも可能です。会社の情報を詳しく記載すれば、顧問側からアプローチしてもらえることもあります。

●●の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧