Webマーケティング戦略で押さえておきたいポイントと基本のフレームワーク | 顧問バンク

コラム

Webマーケティング戦略で押さえておきたいポイントと基本のフレームワーク

商品やサービスを効率的に売るには質の高いマーケティング戦略が欠かせません。インターネットが普及し、AIなど先端技術の発展も加速する現在では、多くの企業がWebマーケティングに力を注いでいます。

今回は、Webマーケティングで押さえておきたいポイントや、有効なフレームワークと代表的な施策について解説します。インターネットを活用したマーケティングに悩んでいる方は、ぜひ最後までお読みください。

Webマーケティング戦略で押さえておきたいポイント3つ

マーケティングの基本として押さえておくべき3つのポイントがあります。それは「誰に」「何の価値を」「どのようにして届けるか」ということ。これはWebに限らずマーケティング戦略全般の基本的な考え方です。

通常、店頭で商品を販売する場合、年齢や性別、何の商品を購入しているかなど、顧客から得られる情報は限られています。しかしWebの場合は、「他にどんな商品を買ったのか(買おうとしたのか)」「購入に至るまでにどの商品ページをいつ閲覧していたのか」などを確認できます。さらに詳細に解析することで、商品ページは閲覧したものの購入に至らなかったユーザーの割合などを出すことも可能です。

このように、Webマーケティングはオフラインのマーケティングよりも詳細なデータを収集でき、誰がどのような価値を求めているのかという傾向をつかむことができます。

Webマーケティング戦略に使えるフレームワーク

ここではWebマーケティング戦略の立案に役立つフレームワークをいくつかご紹介します。

4C分析

4C分析の「4C」は、「顧客価値(Customer Value)」「顧客コスト(Cost)」「利便性(Convenience)」「コミュニケーション(Communication)」の頭文字を取ったものです。その商品の価値、購入までにかかるコストや利便性、商品に関する情報の収集のしやすさなどを網羅的に判断するために活用されるフレームワークとして知られています。顧客にとって自社の商品がどのように映っているのかを客観的に判断するために、有効な方法と言えるでしょう。

PEST分析

PEST分析は、「政治的要因(Politics)」「経済的要因(Economy)」「社会的要因(Society)」「技術的要因(Technology)」の4つの項目が自社商品にどのような影響を与えるかを調べるフレームワークです。政権交代や法改正、景気の動向などの要因によって商品やサービスの売れ行きは変わります。4つの外的要因が企業活動に与える影響を整理するPEST分析は、中長期的な目線に立ち、あらゆる仮説を立ててマーケティング戦略を構築する際に役立ちます。

PDCAサイクル

PDCAサイクルはWebマーケティング戦略の立案以外でも、様々なビジネスの場面で採用されているフレームワークです。「Plan(計画する)」→「Do(実行する)」→「Check(検証する)」→「Action(改善する)」の頭文字を取ったもので、このサイクルを繰り返すことで効果を高める手法です。変化の早いWebの世界においては定期的にPDCAサイクルを回し、改善を繰り返していくことが求められます。

Webマーケティング施策一覧

Webマーケティングに活用される施策をいくつかご紹介します。

SEO

SEO(Search Engine Optimization)は「検索エンジン最適化」とも呼ばれ、検索エンジンでの上位表示を狙うために欠かせない手法です。何か調べたり買ったりしたいとき、多くのユーザーは検索サイトからキーワードを入力します。このとき、検索ページの上位に表示されるサイトほどユーザー数の流入は多くなります。そのため、公式サイトやECサイトを開設した際は、いかに多くのユーザーをサイトに集められるかが勝負の別れ道です。

リスティング広告

検索サイトからキーワードを入力して結果が表示された際、それに関連する広告ページが検索結果上に表示されることがあります。これが「リスティング広告」です(検索連動型広告とも呼ばれます)。改善を重ねてコツコツ検索順位を上げていくSEOよりも即効性がある施策で、比較的早く成果に結びつけることも可能です。

SNS広告

SEOやリスティング広告は検索サイトに対するWebマーケティング施策であるのに対し、SNS広告はその名の通りTwitterやFacebookなどのSNS上に掲載される広告です。SNSの利用者は年々増加しており、ユーザーの利用頻度も高く、消費者による情報の拡散が狙えます。

Webマーケティングの「相談役」を活用しませんか?

Webマーケティングには様々なフレームワーク手法や施策がありますが、当然のことながら商品やサービスによって最適なWebマーケティング戦略も異なります。変化が激しいWebの世界で効率的なマーケティングを行うには最新の専門知識が不可欠です。

事業のWebマーケティング精度を高めるためにおすすめしたいのが、次世代型マッチングサービス「顧問バンク」の活用です。顧問バンクには、様々な企業でマーケティングや営業に携わってきたプロが「顧問候補」として多数在籍しています。契約内容は顧問と直接交渉できるので、Web担当者のサポート役としてはもちろん、Webマーケティングの業務委託先として活用するのも良いでしょう。

●●の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧