権限委譲とは?メリット・デメリットや進め方のポイントを解説 | 顧問バンク

コラム

権限委譲とは?メリット・デメリットや進め方のポイントを解説

権限委譲は、部下の自律的な行動を促し成長を後押しするマネジメント手法です。ただし、デメリットがないわけではありません。メリット・デメリットと進め方を解説します。

8,500名のプロ人材・顧問が登録するプラットフォーム「顧問バンク」。
人材マネジメントに知見やノウハウのある人材、人脈を活用した営業活動の強化、社内の経営課題の解決に最適な人材に直接アプローチ!
→まずは、【公式】顧問バンクにアクセスしてPDFを無料でダウンロード

権限委譲とは

権限委譲は、業務上の目標を達成するため、上司が権限の一部を部下に委ねて自律的な行動を促すこと、あるいは自律的な行動を支援することです。

具体的には、上司が目標を示し達成方法は部下に任せる、部下が自ら問題や課題を発見できるように支援するなどを指します。

権限委譲の主な目的は、部下の成長を後押しして組織の生産性を高めることです。

権限移譲との違い

権限委譲と権限移譲は異なる考え方です。権限移譲は、同じ立場の同僚などに自らの権限を譲ることです。権限委譲とは権限を譲る対象が異なります。

また、責任の所在にも違いがあります。権限委譲で最終的な責任を負うのは、部下に権限の一部を委ねた上司です。対する権限移譲では、権限を譲り受けた同僚などが責任を負います。

よく似た言葉ですが、両者の意味は大きく異なります。

権限委譲のメリット

権限委譲の主なメリットとして、以下の点が挙げられます。

社員の意欲向上

権限委譲により、部下のモチベーションは向上する傾向があります。与えられた権限の範囲内で、自分で計画を立てて行動できるようになるからです。意思決定を行える範囲が拡大するため、仕事のやりがいや仕事の楽しさを実感する部下が増えます。

上司から権限の一部を委ねられることで、信頼されていると感じる部下が増える点も見逃せません。権限委譲には、部下の自尊心を高める効果も期待できます。

社員の能力向上

権限委譲により、社員の能力も向上する傾向があります。権限の一部を委ねることで、自分で考えて主体的に行動する部下が増えるからです。権限委譲を進めれば、いわゆる「指示待ち人間」は減るでしょう。

主体的に行動した結果、さまざまな課題や問題に遭遇することも部下の成長を後押ししてくれます。上司には、課題や問題にぶつかっている部下を支援する役割が求められます。

意思決定の迅速化

権限委譲を進めることで、意思決定のスピードはアップします。部下の裁量権が大きくなることで、細かな意思決定を現場で行えるようになるからです。

報連相は重要な取り組みですが、報連相を重視しすぎると重要な意思決定が遅れてしまうことがあります。短期間で目まぐるしく市場が変化する業種では、意思決定の遅れは致命傷になりえます。意思決定を迅速化させたい場合は、権限委譲を進めるとよいでしょう。

管理職者がマネジメントに専念できる

権限委譲により、上司は本来の業務に集中しやすくなります。細かな業務の意思決定などを行う必要がなくなるからです。

したがって、本来の業務であるマネジメント業務や部署の戦略立案などに取り組みやすくなります。権限委譲を進めることで、上司や部署の生産性を高められる可能性があります。

権限委譲のデメリット

権限委譲にはデメリットもあります。代表的なデメリットして、以下の点が挙げられます。権限委譲を進める前に確認しておきましょう。

委譲対象者の経験・能力不足による業務遅滞

経験・能力とも不足している部下に権限を委譲して、業務に支障が生じるケースがあります。

具体的には、業務の進行が遅れる、目標を達成できないなどが考えられます。

一見すると部下の問題ですが、上司の判断ミスや対応ミスが隠れているケースが少なくありません。例えば、未熟な部下に権限を委ねている、丸投げして必要な確認や適切なフォローを行えていないなどが考えられます。

部下に権限を委譲する場合、その範囲を慎重に検討しなければなりません。また、権限を委譲しても、確認やフォローは必要です。

会社全体のビジョンとのズレが生じる可能性

権限委譲により、会社や上司の方針と部下の意思決定にズレが生じることがあります。会社や上司と部下の視点は異なることがあるからです。

裁量権が小さい部下は、大局的な視点や長期的な視点が欠ける傾向があります。目の前の利益を追求するため、会社や上司の方針と部下の意思決定にズレが生じてしまうことがあるのです。

このようなズレを防ぐため、上司は権限委譲の前に業務の目的を明確に示さなければなりません。また、意思決定に関するルールなどがある場合は、権限委譲の前に伝えておく必要があります。

そもそも権限委譲が適してないケースでの権限委譲実施

権限委譲のメリットを意識しすぎた結果、権限委譲に適していない業務を部下に任せてしまうこともあります。

代表的な例として、経営に関わる業務などが挙げられます。本来であれば上司が対応しなければならない業務を、部下に任せることは無責任といえるでしょう。上司は委譲する権限を慎重に検討しなければなりません。

半年で約3,500万の利益を出した方法とは?
人脈を活用した「新規開拓営業の方法論」についてはコチラをチェック!↓

権限委譲を進める際のポイント

権限委譲に失敗すると、業務の進行が滞る、部下が自信をなくすなどの恐れがあります。権限委譲は、どのように進めればよいのでしょうか。

権限委譲の目的・ビジョンを示す

権限委譲の前に、権限委譲の目的を部下に説明します。

権限委譲の主な目的は、自律的な行動を促して部下の成長を後押しすることと組織の生産性を高めることです。

事前に目的を説明する理由は、上司から仕事を丸投げされたなどの誤解を生まないためです。誤解を生むと、部下のモチベーションを低下させてしまう恐れがあります。

委譲後の具体的な業務内容を示す

部下に対して具体的な業務内容も説明します。

ここでいう業務内容は、目標と委ねる権限の範囲を指します。これらが明らかになっていないと、何を目標に計画を立てればよいか、自分の判断でどこまで行動してよいかなどがわかりません。

目標と権限の範囲を明らかにしておかないと、権限を委ねたにもかかわらず部下が上司にこまめに確認をすることや部下が委ねられた権限の範囲を超えて行動してしまうことなどが考えられます。

適切なサポートを行う

権限委譲後は、部下が必要とするサポートを行います。

具体的には、業務を進めるため必要な経営資源のサポート(社内のキーパーソンの紹介など)、直面している課題を解決する方法の提案などが考えられます。適切なサポートを行うため、部下に報連相を求めることも欠かせません。

責任の所在を明確に示す

責任の所在を明らかにしておくことも重要です。

権限を委譲しても、最終的な責任は基本的に上司にあります。このことを明らかにしておくことで、部下は安心して業務に取り組めます。同時に、信頼関係を構築していれば、これまで以上に責任感をもって業務に取り組んでくれるはずです。

上司が責任を負う場合、過干渉は避けつつ部下が取り組んでいる仕事の内容を把握できるようにしておきましょう。

企業と顧問の次世代型マッチングプラットフォーム「顧問バンク」
課題解決に必要な「知見」と「人脈」を、8,500名のプロ人材・顧問に相談しましょう!
【公式】マンガでわかる!次世代型マッチングプラットフォーム「顧問バンク」↓

権限委譲はメリットが多いマネジメント手法

業務目標を達成するため、上司が権限の一部を部下に委ねて自律的な行動を促すことを権限委譲といいます。

権限委譲のメリットは、部下の成長を促せること、意思決定を迅速化できること、管理職が重要な業務に集中しやすくなることなどです。

ただし、デメリットがないわけではありません。例えば、部下の経験やスキルを無視して権限を委譲すると、業務が滞ることがあります。

メリットの多いマネジメント手法ですが、権限委譲は慎重に行わなければなりません。権限委譲についてさらに詳しく理解したい方は、企業と顧問のマッチングサイト「顧問バンク」でマネジメント手法に詳しい専門家を探してみてはいかがでしょうか。

8,500名のプロ人材・顧問が登録するプラットフォーム「顧問バンク」。
人材マネジメントに知見やノウハウのある人材、人脈を活用した営業活動の強化、社内の経営課題の解決に最適な人材に直接アプローチ!
→まずは、【公式】顧問バンクにアクセスしてPDFを無料でダウンロード

   

御社の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧