会社経営への影響大!人事戦略を考えるなら顧問バンク | 顧問バンク

コラム

会社経営への影響大!人事戦略を考えるなら顧問バンク

会社が思い描く事業戦略を実現するためには、その事業に適した人材の確保・育成・配置が欠かせません。つまり、適材適所の事業戦略が重要です。しかし、どの企業においても限られた人的リソースを最大限に活用することは簡単なことではなく、能力の高い人材の離職や従業員のモチベーションの低下などの問題は常に付きまといます。

人材を上手く起用して組織をスムーズに動かす「人事戦略」には、策定のポイントがあります。そのため、社内リソースだけで解決を図るのではなく、ときには人事戦略のノウハウを持つ人物を顧問として採用することで人事戦略のパフォーマンスの向上を図ることも大切です。

人事戦略とは?人材育成・人事制度を考えたい方へ

人事戦略とは、企業経営における経営戦略と人材マネジメントをセットで考えることで、競争優位を見出そうとする考え方です。経営戦略やビジネスモデルを実現するために重視すべき価値観と、その方向性に沿う形で評価・育成体系や賃金制度などを具体的に組み立てていくことで強固な経営基盤を築くことを目的としています。人事戦略を遂行するうえでは、具体的に以下の4つの領域のマネジメントが重要視されています。

人事戦略でマネジメントすべき4つの領域

人材フロー採用から退職までのキャリアパス・等級制度の検討 求める人材像の立案・明確化
パフォーマンス従業員の方向付け動機付け・コーチング 賞与・インセンティブ制度の水準の検討
学習短期のスキルトレーニング
中長期的なキャリアディベロップメント
報酬処遇体系・評価制度・賃金制度のデザイン

人事戦略策定で得られる効果

会社経営と密接に結びついた人事諸施策を行うことで、経営戦略の遂行に関しても同時に期待できます。例えば、経営ビジョンに基づいた人材の採用・教育がなされていれば、使用者と従業員間のミスマッチが起こりづらく、社内士気の維持や生産性の向上が図りやすくなるでしょう。一方で人事と経営のそれぞれの戦略の足並みが揃わないと、最悪の場合、共倒れになってしまう事態も想定されます。

転職が当たり前になっている現在、従来の日本の年功序列的な人事マネジメントを踏襲するだけでは、優秀な人材を維持するのは難しいでしょう。だからこそ、一貫性を持った人事戦略を策定し、適材適所の人員配置が重要です。そうすれば、社員のモチベーション低下を防ぎ、人材流出にも歯止めをかけることが期待できます。優秀な人材が能力を最大限に活かして働ける人事戦略を練ることが、業績の改善ひいては企業価値の向上にもつながってくるでしょう。

人事戦略のポイント

人事戦略でポイントを外してしまうと、適材適所の人材の確保・育成・配置ができないばかりか、コストに見合った効果が期待できません。戦略を立てる際は以下の「整合性」「適合性」「一貫性」の3つを意識したうえで、経営戦略と紐づけて考えることが大切です。

●整合性

外部環境や会社の事業戦略、組織体制に対して、求める人材像や社員のキャリアパスといった人事戦略の整合性が取れているかを指します。例えば、会社がグローバル展開を視野に入れているのにもかかわらず、採用の際に外国語スキルを軽視するのであれば、認識のズレが生じるでしょう。

●適合性

社会・政治といった外部環境に対しての適合性も強く意識しなければなりません。近年では、働き方改革やワークライフバランスといった言葉が浸透し、個人の仕事へ対する取り組みも多様化しています。そのため、適切な人材マネジメントのためには採用した人材が理想と現実にギャップを抱えていないかなど調査し、継続的に組織改善や従業員のケアを図るなど人材適合のための取り組みが必要です。

●一貫性

人材を新たに確保したり、育成中の社員のモチベーションを向上させたりすることも、人事戦略に求められる重要なタスクです。ここで意識したいのが、人事戦略(採用・人材育成・配置)や人事制度(昇進・評価・賃金)の一貫性です。人事戦略が一貫していれば、社員は納得感を持ちながら働くことができ、人事制度のもと高いモチベーションの維持も期待できます。

顧問バンクを利用するメリット

「終身雇用」や「年功序列」など、旧来の人事制度が機能しなくなりつつある現在の日本において、会社は時代に見合った人事戦略を早急に策定することが求められています。しかし、今までの制度を見直し、新たな制度に切り替えるためには、多くの労力と人事戦略に関する豊富な知識・経験を要するでしょう。

もし社内の人材だけで綿密な人事戦略を練ることが難しいと感じているようなら、マッチング型の顧問紹介サービス「顧問バンク」を利用して、人事戦略の経験が豊富な人物を顧問に迎えてみましょう。

顧問バンクには、企業の人事戦略に精通する人材が数多く登録しています。複数の候補者に一斉に募集をかける「案件票」と呼ばれる機能を使えば、登録者の中から、会社への協力に前向きな人物に効率よくコンタクトを取ることが可能です。また、チャット上で業務内容や契約料金の合意を取れるので、顧問候補との交渉をスムーズに行えることもメリット。人事戦略の策定に明るい顧問をお探しなら「顧問バンク」をぜひご利用ください。

   

御社の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧