採用ブランディングとは?メリットや具体的な方法を解説 | 顧問バンク

コラム

採用ブランディングとは?メリットや具体的な方法を解説

近年は少子高齢化の影響もあり、どの企業でも採用活動が難航しています。求職者に自社を選んでもらうためには、自社ならではの魅力をアピールすることが欠かせません。
そこで取り入れたいのが「採用ブランディング」です。採用ブランディングとは何か、メリットや取り入れ方などについて解説しましょう。

採用ブランディングとは

採用ブランディングとは「この会社で働いてみたい」と感じてくれるような自社のファンを増やすための手法です。自社のブランド化を図ることにより、他社に負けない採用活動を行うことができます。

採用ブランディングが注目され始めた背景

近年、少子化の影響などを受けて求職者の数が減っており、売り手市場です。求職者は選択肢が多く、より魅力的な企業を選択したいと考えています。そのため、ただ単に募集要項を伝えるだけでは、求職者に自社の魅力が響かず、採用活動として不十分だと言えるでしょう。
様々な企業で工夫しながら採用活動を行っている状況なので、当たり障りのない単純な採用活動では求職者の目に留まりません。

そのため、自社の社風や商品、強みなどを戦略的にアピールすることで自社をブランド化し、求職者に「働く場として魅力的だ」と認識させる必要があるのです。

なかなか求人の応募者が増えない、他社に負けている気がすると感じているのであれば、採用ブランディングに挑戦する価値があると言えます。

採用ブランディングの目的

採用のブランディングの大きな目的は、自社のファンを作り、求人に応募してもらうことにあります。採用ブランディングが成功すれば、応募してくるのは自社に魅力を感じており、なおかつ自社についてよく理解してくれている人ということになります。そのため、採用希望者との適切なマッチングができるのが大きな魅力だといえるでしょう。

採用のブランディングにおいて重要なことの一つが、自社のイメージを良くすることです。「この会社で働くと楽しそう」、「満足感が得られそう」といったプラスのイメージを持ってもらわなければなりません。自社のイメージを良くするためには戦略的な情報発信が求められます。
これまで以上に自社の魅力を伝えるのに効果的な採用活動を行っていく必要があるので、従来の採用活動方法を見直すことが重要です。

採用ブランディングに取り組むメリット

採用ブランディングを実践することにより、どのようなメリットがあるのでしょうか。特に魅力的なポイントを解説します。

応募者数の向上を図れる

採用ブランディングにより、応募者数の増加が期待できるメリットがあります。
採用ブランディングが成功すれば、企業のイメージが良くなるほか、魅力的なポイントをしっかり伝えることが可能です。これにより自社に興味を持ってくれる人が増えれば応募者数の向上につながるだけではなく、優秀な人材の確保を実現できる可能性も高くなります。

内定辞退や離職のリスクを軽減できる

採用ブランディングはミスマッチを防ぐのにも効果的です。自社のファンとなって求人に応募してくれた求職者の方は、自社の事をよく理解しています。
働いてみたけれど何となく理想と違った、思っていた仕事とは異なったといった理由で内定を辞退したり、離職したりするリスクが少ないです。
毎年たくさん内定者が出るものの辞退者も多いということであれば、採用ブランディングがうまくできていない可能性も疑ってみましょう。

採用コストの削減と人材の定着を目指せる

採用ブランディングに成功して多くの人に注目されれば、その情報が口コミなどで広がることも期待できます。すると、費用をかけて求人広告を出さなくてもその口コミを参考に多くの方が応募してくれる可能性が高くなるでしょう。結果的に採用コストを削減する効果も期待できます。
また、自社のファンとなって入社してくれた人はモチベーションが高いまま働いてくれる可能性が高いため、人材の定着を目指すのにも効果的な方法です。

既存社員からの評価も上がる

採用ブランディングは新しく採用する社員だけでなく、既存社員のモチベーション向上にもつながります。採用ブランディングにより自分の働いている企業のイメージが向上した、認知度が高まったとなれば、自社を誇らしく感じるはずです。
これまで以上にやる気を持って働いてくれる可能性も期待できます。

他社との差別化

採用ブランディングは他社と差別化を図るのにも効果的です。企業の中には自社の業務内容や働き方、やりがいなどをうまくアピールできておらず、競合他社に負けているところもあります。
また、求職者から見てもどこも同じような内容の求人ばかりで、その企業ならではの魅力がわからず、応募先の選択肢に挙がらないケースもあるでしょう。採用ブランディングで競合他社との違いをしっかりとアピールできれば、どこに応募しようか悩んでいる求職者の心に響きやすくなります。

採用ブランディングの取り組み方

実際に採用ブランディングに取り組みたいと考えた際にはどのような方法があるのでしょうか。効果が高く、実践しやすい方法について解説しましょう。

採用ニーズの明確化を図る

どのような採用ニーズを設定するのか明確にしておきましょう。まずは募集要項に必要な内容について書き出します。続いて、求めているヒューマンスキルを明確化させるのがおすすめです。
ヒューマンスキルの一例として、以下が挙げられます。

  • リーダーシップがある
  • ネゴシエーション能力に長けている
  • 表現力が高くプレゼンテーションに期待ができる

また、自社の社風から考えてどのような人なら自社に合うのか判断する必要もあります。ここを明確にしておかないと入社後のミスマッチが発生しやすくなることがあるので、注意しましょう。

あらかじめ採用で重視したいキーワードを設定しておく

採用において自社が最も重視するキーワードを設定し、「そのキーワード=この会社」といったイメージを作ると採用ブランディングにつながります。
「積極性」や「柔軟性」、「スピード感」など、何を重視しているのか明確にしておきましょう。設定したキーワードを念頭において採用活動すると、選考時も本当に自社に向いているのは誰なのかが判断しやすくなります。
求人や会社説明会でも設定したキーワードを盛り込んでおきましょう。

採用専門のWebサイト・Webページを充実させる

会社に興味を持った求職者の中には、採用サイトを閲覧して情報を収集する方が多いです。そのため、採用サイトを充実させ、より多くの魅力を届けられるようにしましょう。
採用ブランディング成功のためには、自社ならではの魅力ややりがいなどを発信することが欠かせません。現在のWebサイト・Webページについて複数人で意見を出し合いながら改善点を探し、より良い採用サイトを目指してみてはいかがでしょうか。

企業説明会を積極的に開催する

説明会で企業の魅力を深く知ることができ、ファンになったという方もいるので、採用ブランディングには説明会をうまく活用しましょう。
ただ自社の情報を伝えるだけでなく、魅力的に伝える工夫が必要です。実際に仕事をしている当事者に体験談を話してもらったり、自社で開発した製品を見せたりするのも良いでしょう。
伝わりやすい話し方を工夫することも大切です。

従業員向けの研修カリキュラムを計画する

自社でどのようなブランディングを行うか研修を行い、従業員全員に周知させましょう。企業イメージを構築するのにも研修が役立ちます。
ポイントは、ディスカッションまたはグループワークで研修を行うということです。マニュアルやメール、社内放送だけで伝えても周知させるのは難しいためです。
ディスカッションなどを行うのが難しく、座学やeラーニングで実施する場合は、従業員がきちんと理解できているのかテストするなどの対策も検討すると良いでしょう。

採用ブランディングで自社の魅力をアピール

採用ブランニングは自社を魅力的に伝え、多くの求職者に注目してもらうのに効果的な方法です。競合他社との差別化にもつながるので、採用ブランディングを積極的に取り組んでいきましょう。
特に、自社ならではの強みや実際に働いている社員が「ここで働けて良かった」と感じているポイントをアピールすると求職者に響きやすくなります。採用ブランニングが成功すれば自社にマッチした応募者が増えることが期待できるので、優秀で自社の社風に合った人材を採用するのにも役立ててみてください。

   

御社の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧