人事制度を見直したい!改革を行う時に考えるポイントや効果 | 顧問バンク

コラム

人事制度を見直したい!改革を行う時に考えるポイントや効果

人事制度改革は、会社が抱える経営課題を解決するために行うものです。また、長時間労働の是正や女性の働きやすさ推進のために、今ある人事制度を見直したいと考えている企業も多いでしょう。ここでは、そうした人事制度の改革で意識しておきたいポイントをまとめました。

人事制度を改革する必要がある会社とは?

そもそも人事制度を見直す必要がある「問題を抱えた会社」とはどのような会社なのでしょうか。以下のような経営課題を抱えている会社は、人事制度の改革によって問題を解決し、経営計画を達成しやすくなる可能性があります。

社員が現行の人事制度に不満を感じている

会社で働く社員は、会社(経営者や管理者)からの評価によって給与や役職が決まります。その根拠となるのが人事制度です。

ところが、「頑張っているのに評価されない」「自分よりも出来の悪い人間が高い評価を得ている」といった状況に陥ると、社員は人事制度に対して不満を抱くことになります。また、「どうしてこの評価になったのかわからない」といった不透明感がある場合も、人事制度に対する不安と不信感が募ります。

会社と社員は、「社員が提供した労働力に対して会社が対価を支払う」という雇用契約を結んでいます。人事制度に不満があるということは、この対価の決定方法に不満があるということ。すなわち会社への信頼が損なわれ、労働意欲を低下させる原因になるでしょう。

現行の人事制度が現状に合っていない

人事制度は、その時々の会社の経営状況や時代(法令や社会的出来事)に応じて見直しを行っていく必要があります。

これは極端な例ですが、以前は男女間で給与に差をつけることが違法ではありませんでした。しかし、今では認められません。同様に、単純に勤続年数が長い社員に高い給料を支払うといった年功序列の考え方も、時代にそぐわなくなってきています。

また、会社の規模感や社員の働き方の変化に応じた違いもあります。時短勤務やリモートワーク、フレックスタイム制などの新しい働き方を取り入れる際は、それに合わせた人事制度の策定が欠かせません。会社が大きくなるにつれて、当初策定していた人事制度が合わなくなってくるというケースもあるでしょう。このようなズレがある場合は、人事制度の見直し時期が来ているということです。

人材育成・採用がうまくいっていない

反発がなくても、実は「内心では不満を抱いている社員が多くいる」というケースもあります。「なぜかわからないけど採用がうまくいかない」「離職率が高い状態が改善しない」といった場合も、その裏に人事制度の問題が潜んでいるかもしれません。

人事制度について見直してみることで、このような問題を解決できる可能性があります。

人事制度を改革するとどんな効果がある?

人事制度を見直すことで得られる3つの効果をご紹介します。経営に関わる問題を解決するために、人事制度を活用しましょう。

優秀な人材の確保

社員にとって納得度が高い人事制度が整えられれば、社員は居心地よく責任感をもって働くことができるようになり、離職率も下がるでしょう。これは優秀な人材の流出防止だけでなく、採用による優秀な人材の確保にも役立ちます。

会社の未来を作るのは、社員一人ひとりです。人事制度を整えることで、社員と会社のつながりをより強固にしていきましょう。

社内人材の可視化

人事制度を整えるということは、社員それぞれのスキル・マインドのレベル感を可視化し、どこの部署にどのレベルの人間が何人いるのかを明確にするということでもあります。

これは、人材配置を決める際や、急な欠員に対してどのような人材を補充すればいいのかを把握する上でも役立ちます。

社員のモチベーションアップ

人事制度を整えて社員の目標をはっきりさせることは、労働意欲の向上に効果があります。

どうすれば高い評価を得られるのかが明確になることで、社員ひとりひとりが「何を目指すべきなのか」「どのようなスキルを身に着けるべきなのか」を理解できるようになるからです。

人事制度の改革で押さえておきたいポイント

「制度を変える」ということに躍起になると、変えることがゴールになって本来の目的を見失ってしまう恐れがあります。常に原点に立ち返り、何のための改革なのかを意識しておきましょう。ここでは人事制度を改革する際、押さえておくべきポイントを3つご紹介します。

自社の状況に適しているか

他社の成功事例が自社にも適しているとは限りません。自社にとって最適な人事制度がどのような形なのかをじっくり検討した上で、人事制度を整えましょう。

社員が何を望んでいるのか

人事制度改革は、会社だけが満足していても成功しません。社員が本当に望んでいるのはどのような内容なのかを理解し、納得度の高い制度を作る必要があります。

将来を見据えた制度になっているか

人事制度を作るときは、人材の育成と会社の成長につながる制度になっているかどうかを確認しましょう。短期的な売上目標などを評価するだけの人事制度では、長期的な会社の成長や存続は見込めません。

人事制度の策定に関する疑問を解決するには?

人事制度の改革を成功させるには、まず「自社に適した制度」がどのようなもので、現在の制度のどこにどんな問題があるのかを細かく洗い出す作業が必要です。その上で、社員の希望や経営方針に基づいた人事制度を策定していくことになりますが、社内の人材だけで自社の課題を客観的に分析することは容易ではありません。

「人事制度を変えたが結局社員の理解を得られなかった」「なかなか周知が進まず混乱を招いた」といったトラブルを避けるには、外部の人事専門家をアサインするのが効果的です。次世代型マッチングサービス「顧問バンク」なら、案件やプロジェクト単位で専門知識を持つ顧問の力を借りることができます。人事領域に強い顧問も多数在籍しているので、人事制度の改革の際はぜひご活用ください。

   

御社の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧