「シニア顧問」を企業の即戦力に!知見・経験が豊富な人材を獲得する方法 | 顧問バンク

コラム

「シニア顧問」を企業の即戦力に!知見・経験が豊富な人材を獲得する方法

少子高齢化社会が進む日本では、働く意欲に溢れ、知識・経験も十分でありながら、定年制度によって職を離れる方が多く存在します。そんなシニア世代の新たな活躍の場として注目されているのが、「顧問」という働き方です。プレイヤーとしてもマネージャーとしても経験豊富なシニア人材を顧問として招き、経営課題の解決を図りませんか?

シニア顧問を採用するメリットとは?

企業における「顧問」には「内部顧問」と「外部顧問」の2パターンがあります。まずはそれぞれの特徴と、採用するメリットについてご説明します。

内部顧問を採用するメリット

内部顧問とは会社の内部から抜擢・招聘した顧問のことで、社長や取締役を務めていた人物が一線を退いた後に就くケースが多く見られます。内部顧問は経営に対してアドバイスを行いますが、社長を経てから就くことが多い「会長」とは異なり、経営に関する決定権は持ちません。内部顧問の場合は名誉職的な意味合いが強く、肩書きとしては「最高顧問」や「相談役」の名称が使われることが一般的です。

内部顧問を採用するメリットとして大きいのが、実際に会社を経営してきた経験に基づいた的確なアドバイスを得られる点です。また、元社長や元取締役であれば、業界内に太い人脈を持っていることがほとんどなので、内部顧問として関わることで他社との契約締結(受注)につながるケースもあります。

ただし、社内で高い影響力を誇っていた人物が内部顧問に就く場合は、現経営陣とのパワーバランスに注意が必要です。経営への決定権を持たないとはいえ、顧問からの人事・経営に関するアドバイスがあまりに多いと、社内の意思決定がスムーズに進まないこともあります。

外部顧問を採用するメリット

外部顧問とは、他企業など外部から抜擢・招聘した顧問のことです。法務や税務などの専門的な知識を持つ人材が多く、法務顧問であればリーガルチェック、税務顧問であれば節税対策など、業務内容は顧問の種類によって異なります。内部顧問に比べて具体的なアドバイスが期待できる点は、外部顧問の大きな強みでしょう。

外部顧問は、法務や税務、人事など会社の弱点となっている部分に対して、専門的な見地から的確なアドバイスを行います。元々経営者である人材をシニア顧問として迎えれば、自身の経験から経営上の問題を速やかに指摘し、リスクヘッジのためのアドバイスをもらえるでしょう。

外部顧問を雇う場合は、月決めや年間での顧問料が必要です。また、顧問のノウハウが社内に共有されないまま契約が切れた場合には、「特定の分野に関して詳しい人材が社内に一人もいない」という事態に陥る恐れもあるので、計画的な利用を心がけましょう。

シニア顧問の獲得を考えているなら、マッチングサービスがおすすめ!

外部顧問として優秀なシニア人材を獲得するには、まず候補となる人物の「専門分野」をしっかり把握することが大切です。役員経験や経営者などの肩書きだけでなく、今までどんな業務にあたっていたかにも着目し、会社が実現したいこと(課題を感じていること)と顧問候補の専門分野が合致していることを確認しましょう。

もし「相手の専門分野の見極めが難しい」「そもそも自社のニーズに合ったシニア顧問の候補を見つけられない」という悩みを抱えているなら、顧問候補のプロフィールを簡単にチェックできるマッチングサービスの利用がおすすめです。

顧問バンクには経験豊富なシニア顧問が登録しています

「顧問バンク」は顧問を採用したい企業と、経験を活かして働きたい顧問をオンラインでマッチングするサービスです。法務・税務・物流・人事などの専門分野を持つシニア人材も数多く登録しており、会社のニーズを満たす顧問とスピーディーに出会うことができます。

登録顧問は企業向けに公開する自身の経歴やスキルなどを常に最新情報にアップデートしているため、顧問として招いた際も、期待するスキルとのギャップを最小限に抑えられるでしょう。業務内容や報酬はプラットフォーム上のチャットで合意をとることができ、コンサルタントを挟む必要もありません。適したシニア顧問を見つけてから契約に至るまで時間がかからない点も大きな魅力です。

プラットフォーム上では企業が相談したい業務内容を案件票として作成し、条件に合う顧問を募ることもできます。顧問一人ひとりのプロフィールを確認しなくても最適な人物とのマッチングを図れる点は、「顧問バンク」ならではのメリットと言えるでしょう。

シニア顧問の知見とノウハウを最大限活用しましょう

従業員だけでは難しい業務を豊富な知識と経験でサポートしてくれるシニア顧問の存在は、会社にとって大きなプラスになります。ただし、どんなスキルを持つ顧問が必要かは、会社の状況によって異なるものです。適切な顧問と契約をするために「顧問バンク」のようなマッチングサービスを利用し、様々な人材との出会いを作ってみてはいかがでしょうか。

●●の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧